20年11月14日 その4831『逢坂誠二 の徒然日記』(6528)

掲載日:2020.11.14

昨日は、経済産業委員会で梶山大臣の所信を聞き、
夕方には帰函しました。

菅政権は、
原発再稼働の姿勢をより明らかにしたばかりか、
核燃料サイクル推進の姿勢も鮮明にしております。

こんな状況ですから、今の与党の皆さんが、
大間原発を止めるといくら叫んでも、
空々しい言葉に聞こえます。

しかし私は、色々な手立てを講じて、
大間原発の建設を阻止するために全力を注いでおります。

大間を止めるための方策の一つは、
核燃料サイクルを止めることです。

アメリカは、核燃料サイクルから撤退しました。

理由はいくつかあるのですが、
私がアメリカで聞いた最大の理由は、
コストが高すぎることです。

アメリカの判断も参考にしつつ、
日本の核燃料サイクルの無意味さを明らかにして、
核燃料サイクルから撤退することです。

そうすれば大間建設の意味はなくなります。

もう一つは、避難計画です。

大間原発で万が一の事故が発生した場合、
北海道も当然、大きな影響を受けることになります。

この際に、確実に避難できることが必要です。

しかし北海道側は人口も多く、
有効な避難計画を策定するのは至難の技です。

他国では、避難計画が策定できないことを理由に、
稼働を見送った原発があります。

日本もこの例にならうのです。

これによって大間の建設を止めることが可能です。

とにかくこの二つをはじめあらゆる手立てを講じて、
全力で大間の建設を阻止しなければなりません。

そうしなければ、
地元の皆さんの命と暮らしを守るという、
政治の役割を果たすことはできません。

====

今朝の朝の函館の気温は6度。

雲の多い朝ですが、その切れ間から
日の出後の薄青の空が見えています。

日中の気温は11度程度の予報です。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.11.14===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください