20年12月1日 その4848『逢坂誠二 の徒然日記』(6545)

掲載日:2020.12.01

早いものです。


コロナ対策に追われる中、
あっという間に師走となりました。

昨朝は、函館市内3箇所で街頭に立ち、その後、上京しました。

体がまだ寒さに慣れていない時期でもあり、
ダウンを着用していても肩口から寒さが侵入して来ます。

街頭活動が厳しい時期になります。

====
菅総理は、コロナ感染に関連し、
ここから3週間余が、重要な時期と表明しています。

私も全く同感です。

しかし国会は、事実上、今週で閉じると言っています。

コロナ感染対策を始め、課題は山積です。

会期を延長して、数多の問題に対応すべきですが、
与党国対委員長は、それを拒否しています。

菅総理も質問に答えない状態が続いています。

まともな記者会見も開いていません。

国会での嘘の答弁も含め、異常な状態が続きます。

====
昨日、外務省、防衛省から、
尖閣諸島、台湾周辺、朝鮮半島の情勢について、
聞き取りを行っています。

海上保安庁からは、
特に尖閣について話を聞いています。

台湾、尖閣ともに、中国の活動が活発化し、
従来にない状況になっています。

尖閣周辺では、海保の皆さんが、必死になって、
中国公船の領海侵入を防いでいます。

しかし中国公船も大型化するとともに
武装度合いも高まっています。

極めて厳しい状態の中で、
どう対応すべきか難しい局面を迎えています。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.12.1===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください