20年12月4日 その4851『逢坂誠二 の徒然日記』(6548)

掲載日:2020.12.04

東京の朝の気温は6度程度。

日中は13度程度になる見込みです。

====
昨日、原子力特別委員会で、
主に原発事故時の避難計画に関する質疑を行いました。

今後につながるいくつかの重要な答弁がありました。

今日は、概要のご紹介だけをします。

====
逢坂:
しっかりとした避難計画がない中で
原子力発電所の稼働が実態として進むことはない、
という総理と経産大臣答弁について

更田:
地域の防災計画も
原子炉の安全性等々と
同様に運転のための要件となる

逢坂:
シビアアクシデントと立地決定について

更田:
当時の原子力安全委員会、原子力安全・保安院も
シビアアクシデントは起こりうるということは認識していた

しかしながら、いわゆる安全神話にとらわれていた

地域への説明に際しても、安全対策は万全を期しているので、
シビアアクシデントのようなことは起きない
という説明がなされていたということは事実であろう

逢坂:
以前の避難計画策定の範囲について

更田:
東海第2原発から数キロ圏内に
20年以上住んでおりましたけれども
避難計画等については一切承知しておりませんでした
(避難)計画が対象としている範囲は
現在に比べて極めて小さなものであったというふうに認識

逢坂:
大間原発の許可について

更田:
重大事故及び仮想事故が発生した場合でも、
範囲が敷地内におさまって
当時の基準を満たすことなどを確認した上で、
原子炉の設置を許可したと承知


逢坂:
今の日本の原発は全て2011年よりも前に立地が決められており、
被害の及び範囲、住民が避難しなければならない範囲は、
今の指針に定めるよりも狭かったとの理解で良いか

更田:
私もその通りと認識をしております。

逢坂:
新しい原子力災害対策指針に基づいて、
全ての立地自治体で十分な避難計画が
策定できない可能性があると理解するが

更田:
立地は事故以前に行われていますから、理屈の上では、
想定された事故に対して避難計画の策定が
困難になるということはありえると認識

逢坂:
事実上も(避難計画を)つくれない可能性もあるじゃないか

更田:
規模の想定と、
さらにその地域の状況を考えれば、
可能性としてはゼロではない

逢坂:
最終的に、防災計画が原子力災害対策指針に基づいた、
有効に機能するしっかりした避難計画であるか否か
判断するのは、どの場面の誰か

内閣府副大臣:
市町村防災会議の場で、確認することになる

逢坂:
市町村防災会議で
納得できる計画ができていない段階で、
その計画を地域原子力防災協議会で
確認する作業をやってはならないと思うが

内閣府副大臣:
市町村が、地域防災計画が、
指針等に照らして具体的かつ合理的でない
と考えている段階で、
当該計画を含む緊急対応について、
確認することない

====
以上、やり取りの抜粋ですが、
一歩一歩、原子力政策の問題点を
明らかにして行きます。

====
今日で事実上、国会が閉会します。

しかしコロナ対策に万全を期するため、
せめて年内一杯は国会の延長が必要です。

我々が提出した特措法改正案の速やかな審議も必要です。

安倍前総理が「桜を見る会」等に関し、
国会で虚偽答弁をした疑いが強くなっています。

政治資金収支報告書に約4千万円の記載漏れがある、
東京地検特捜部が安倍前総理本人の任意の事情聴取を要請した、
こんなことも報道で流れています。

安倍前総理には、こうした一連の不透明なことを
国会で説明する責任があります。

吉川元農水大臣にも在任中の現金受領の疑いが報じられ、
それが事実ならば、贈収賄事件にも発展する可能性があります。

こうした数多の課題に対応するため、
臨時国会を閉じるべきではありません。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.12.4===



One Response to 20年12月4日 その4851『逢坂誠二 の徒然日記』(6548)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください