20年12月9日 その4856『逢坂誠二 の徒然日記』(6553)

掲載日:2020.12.09

夜明け前の函館の気温は零度です。

日中も3度までしか上がりません。

====
昨日、帰函し地元を歩いています。

全国の感染の広がりが心配される一方、
経済の落ち込みが激しく、
行く先々で懸念の声を聞きます。

こうした中、政府は新たな経済対策を決めました。

財政規模は40兆円程度になる見込みです。


医療機関や高齢者施設などへの支援


企業の資金繰り支援

*グリーン投資のための基金

*予備費の確保

====
こんなことが内容となる見込みです。

我々が要求していた、
地方創生臨時交付金や
医療への緊急包括支援給付金の増額をはじめ、
幾つかの対策も盛り込まれます。

しかし大半が3次補正となる可能性が高く、
対策が遅延する可能性もあります。

また予備費の支出も
11日に閣議決定する予定です。

予備費はGoTo事業に3千億円、
ひとり親世帯の臨時特別給付金に
数百億円が充てられる見込みです。

ひとり親世帯への支援は、
我々も強く要請していたものです。

しかし経済対策も予備費も、
国会が終わってからの決定です。

内容について国会で議論すべきですが、
菅総理は常に逃げ回っています。

国会での議論と早急な予算の執行、
この両立を図ることが必須です。

====
12月8日はジョン・レノンの命日です。

日本時間では今日12月9日になります。

あの日の札幌の夜は、
はらはらと雪が降っていました。

ジョンの死を知り、友人と痛飲しました。

あれから40年。

なんという気の遠くなるような
時間が過ぎたのでしょうか。

しかしジョンの望んだ世界にはなっていません。

その世界とは逆の状況になっています。

社会のあり方を見直さなければなりません。

このままでは、
もっともっと人に厳しい
優しくない社会になってしまいます。

眦(まなじり)を決して立ち向かわねばなりません。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.12.9===



One Response to 20年12月9日 その4856『逢坂誠二 の徒然日記』(6553)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください