20年12月13日 その4860『逢坂誠二 の徒然日記』(6557)

掲載日:2020.12.13

函館の夜明け前の気温は、
氷点下1、2度程度です。

日中もプラス1度程度にしか上がりません。

====
昨日は朝のリズムが狂って、
日記の発信が遅くなりました。

幾人かの方から何かトラブルでもあったのかと、
ご心配を頂き、本当に恐縮しております。

今後も、多少時間の前後はあると思いますが、
着実に発信をしたいと思いますので、
お付き合いのほど、よろしくお願いします。

また昨夜は、オンラインの逢坂政治塾に
全国から20名近くの方に参加頂きました。

本当に有り難うございます。

リアルの塾の開催まで、
オンライン塾で繋ぎたいと思います。

====
昨日、苫小牧市で開催された
立憲民主党北海道第9区総支部
設立総会に出席しました。

覆水盆に帰らずという言葉がありますが、
一度別れたものが元に戻るのは
容易なことではありません。

しかし今、国会では嘘の答弁と
過去の答弁を反故にするという
出鱈目が横行しています。

一方、コロナ禍、人口減少、食料自給率の低下、
エネルギーの転換、日本の教育の立て直しなど、
取り組むべき重要課題は山積しております。

森友、加計、桜、学術会議問題などに、
本来関わっている場合ではないのですが、
これらを放置すれば、日本の法治国家としての
基礎が壊れてしまいます。

今の国会の状況や日本全体の状況は、
まさに非常事態とも言えるのです。

こんな時に、野党が分裂をしていては、ますます出鱈目が横行し、
真に取り組むべき重要課題への対処ができなくなります。

多少の違いや、過去のわだかまりを乗り越えて、
強い野党にならねばなりません。

この1年半余り、
私は分裂した野党を再度、
大きな塊にするために、
自分なりの取り組みを進めてきました。

その結果、9月15日に新党の結成が叶いました。

9区でも色々と困難もあり、
新党の結成に時間を要することになりましたが、
多くの皆さんの努力によって、
昨日、一つになった9区総支部が設立されたことは
本当に良かったと思っています。

多くの皆さんの尽力に感謝すると同時に、
山岡逹丸衆議院議員の小選挙区での勝利を目指して、
私も頑張って参ります。

====
北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録に関連し、
コロナ禍で今年の世界遺産審議が止まっております。

しかし先般、今年の審議案件(奄美・沖縄)と
来年予定の縄文遺跡群の両方を
来年夏に審議することが決定しました。

これで縄文遺跡群の世界遺産登録作業は
当初予定通り通り進むことになり安堵しています。

私も文化庁など関係機関と連携して、
登録に向けて汗をかいて参ります。

====
この日記の発信後、
夜明け前の函館市内を歩いてきます。


今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.12.13===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください