20年12月24日 その4871『逢坂誠二 の徒然日記』(6568)

掲載日:2020.12.24

クリスマスイブの朝、函館の気温は3度程度です。

朝の気温がプラスになるのは久しぶりです。

3度程度でもプラスになれば、
体の緊張感が一気にほぐれます。

====
「桜を見る会」前夜祭の費用を
安倍前総理側が補塡したとみられる問題で、
東京地検特捜部は政治資金規正法違反などの容疑で
安倍前総理を 22日までに任意聴取しています。

それらを受け特捜部は具体的な関与はなかったとして、
不起訴処分とする方針を固めたと報じられています。

公設第1 秘書は同法違反の罪で
年内に略式起訴とも報じられています。

政治資金収支報告書への不記載額は、
4年分で3千万円のようです。

何かこれで一件落着のように見えますが、
問題はそれほど単純ではありません。

====
検察が行うのはあくまでも法の範囲の限定的なことです。

しかし今回の桜疑惑は、
次のような問題が引き続き残されています。


公費を使った桜を見る会に多数の地元関係者を招待し、
有権者買収とも受け止められることを繰り返していたこと


公文書の適正な開示に応じないことや公文書を廃棄したこと


事実と異なる答弁を118回も繰り返したこと

特捜部が安倍前総理自身を仮に不起訴にしても、
上のような公私混同や国会や国民、
そして民主主義を冒涜するような行為に
ケリがつくものではありません。

罪にならないからと言って、
国会で事実と異なる答弁を繰り返すことは認められません。

罪にならないからと言って、
税金で買収まがいのことをして良いわけではありません。

罪ならないからと言って、
公文書を廃棄して良いはずはないのです。

したがって安倍前総理自身には、
国民に対して、国会に対して、
なぜこのような事態になったのか、
それを説明し疑問に答える責任があります。

それをキチンとしなければ、
日本の政治も民主主義も基礎から壊れてしまいます。

====
今日は朝から感染防止に配慮しつつ、
市場回り、街宣、そして年末の挨拶回りの予定です。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.12.24===



2 Responses to 20年12月24日 その4871『逢坂誠二 の徒然日記』(6568)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください