20年12月26日 その4873『逢坂誠二 の徒然日記』(6570)

掲載日:2020.12.26

函館の朝の気温はマイナス6度。

夜明け前の街は一面の銀世界。

雪の降る真冬日の予報が出ています。

====

「計上すれば問題なかった」

昨日、安倍前総理は桜疑惑に関し、
国会でこの言葉を繰り返しましたが、
計上しなかったことが問題になっているのですから、
この答弁は何の意味も持ちません。

どのような経過で、なぜ計上しなかったのか、
これを明確にすることが必要ですが、
この点について、安倍前総理は何も語っていません。

またホテルの明細に関する答弁も不確かです。

今回、政治資金収支報告書を訂正しましたが、
訂正の提案は誰が行い、
最終的に誰が決定したのでしょうか。

訂正の内容などを、
誰かと打ち合わせしたのでしょうか。

訂正は何に基づいて行なったのでしょうか。
この資料を提示頂くことが必要です。

先日も書きましたが、
不起訴になったからと言って、
国会で事実と違う答弁をし続けたことは、
キチンと説明してもらわねばなりません。

====
昨日の安倍氏の答弁を聞いていると、
安倍内閣の7年8箇月が日本の民主主義や政治を
確実に劣化させてしまったことが明らかです。

誠実に丁寧に言葉をやり取りすることや、
言葉の信頼を取り戻すには、
半世紀近く時間を要するかもしれません。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.12.26===



One Response to 20年12月26日 その4873『逢坂誠二 の徒然日記』(6570)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください