21年1月9日 その4887『逢坂誠二の徒然日記』(6584)

掲載日:2021.01.09

函館の朝の気温は氷点下11度。

真冬日が続きます。

====
昨日も管内の役場を訪問しました。

特に松前町、福島町では一昨日からの暴風雪によって、
道路除雪が追いつかないなど厳しい状況です。

これらへの対応状況も伺いつつ、
地域の様子や懸案事項について話を聞きました。

*地方交付税の額が心配
*臨時財政対策債が多いのは困る
*地域の診療所への支援
*高速道路の整備促進
*一次産品加工工場への支援
*離島扱いの北海道の宅配料について
*縄文遺跡埋蔵物の展示について

このようなことをはじめ
多岐に渡る意見交換をしました。

====
4都県に緊急事態宣言が発令されましたが、
先日、私が指摘したとおり関西3府県をはじめ
その他の地域も緊急事態宣言が
必要な情勢になっています。

一昨日、菅総理は
「そうした状況にはない」と発言しましたが、
ここでも後手後手に回っています。

新たな地域指定と同時に緊急事態宣言を受けて、
事業者への補償などを早期に行うため、
第三次補正予算の成立を待つのではなく、
即座に予備費を使うべきです。

昨年閣議決定された第三次補正予算は、
今回の緊急事態宣言を想定していないものです。

緊急事態対応も組み込んで大幅に
組み替える必要があります。

菅総理には現場の状況が逐一入っていないのでしょうか。

緊急事態宣言の発令も対応策も、
完全に歯車が狂っています。

====
今日も新年の挨拶回りが続きます。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.1.9===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください