21年2月6日 その4915『逢坂誠二の徒然日記』(6612)

掲載日:2021.02.06

昨日の予算委員会は、
当初予定した質疑が急遽変更になり、
次の質問を行うこととなりました。

・コロナ感染の接触確認アプリ「COCOA」の不具合問題
・緊急事態宣言への専門家意見
・オリバラ組織委森会長の発言問題
・菅総理長男の不適切会食問題

以上は、質疑の直前に急遽追加しての
質問となりました。

*豪雪対策
*事業者への支援
個人への支援
*病床確保
水際対策と変異株
ワクチン関連

以上の質問を準備していましたが、
結局、質問できたのは*印の三つのみ、
しかも病床確保はもっと踏み込んだ質疑をする予定でしたが、
その半分もできず残念でした。

しかし成果はありました。

現在、経産省が準備している
最高で法人60万円、個人事業主30万円の一時金は、
あらゆる業種と地域が対象になるとの答弁が得られました。

その条件は、以下です。

緊急事態宣言発令地域における
不要不急の外出・移動の自粛による
直接的な影響を受けたことにより、
本年1〜3月のいずれかの月の売上高が
対前年比(or 対前々年比 )で
▲50%以上減少していること。

例えば東京からの航空便が減ることや
単に乗客が減ることなどによる
入り込み客の減少による減収が対象になります。

補填される額は多くはありませんが、
少しでも事業者の皆さんの助けになればと思います。

予算委員会の準備など、
予算委員会漬けになっており、
散歩などが全くままならない状態ですが、
予算委に全力投球をします。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.2.6===



2 Responses to 21年2月6日 その4915『逢坂誠二の徒然日記』(6612)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください