21年3月9日 その4946『逢坂誠二の徒然日記』(6643)

掲載日:2021.03.09

医療関係者へのワクチンの先行接種が始まっています。

昨日、河野太郎ワクチン担当大臣と直接面談し、
ワクチンについて幾つかの要請を行いました。


自治体が円滑にワクチン接種体制を構築できるよう、
ワクチン供給の時期と量を早めに明示すること


自治体の費用は全額国費で確実に負担すること


在宅系も含めた全ての介護福祉従事者を優先接種の対象とすること


新システムに対する不安の声が多く確実に機能するものとすること


自治体での柔軟な対応と自治体への丸投げを混同しないこと

以上をはじめ党のワクチンPTとしての一次提言を手渡した上で、
15分程度懇談をしました。

介護福祉従事者の優先接種については、
大臣から前向きな発言がありましたが、
最終的には厚労省の判断となるため
予断を許さない状況です。

新システムについては、
担当の小林大臣補佐官から
しっかりと対応するなどの話があり、
自治体からの疑問については、
直接、連絡をすることとしております。

河野大臣は、停電や風水害など、
何が起こるか分からないとも指摘し、
自治体の柔軟な対応に繰り返し言及をしておりました。

今後も自治体の皆さんの話も聞きながら、
随時、提言を行って参ります。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.3.9===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください