21年3月24日 その4961『逢坂誠二 の徒然日記』(6658)

掲載日:2021.03.24

コロナ禍の中で、仕事のスタイルも随分と変化しました。

昨夜も18時30分からzoomによる会合と、
20時から 1時間、YouTubeを利用した
コロナ相談会を行っています。

どこにいても全国の皆さんと
コミュニケーションが取れる環境が整っています。

逆に言うと、
仕事が常に追いかけてくる印象でもあります。

====
地元の多くの事業者の皆さんから、
関東や関西で緊急事態宣言が発令され、
収入減が顕著だとの声を受けます。

加えて個人の方からも
生活が苦しくなっているとの声も多く頂きます。

そこで私たちは、
持続化給付金の再給付法案や
生活に困窮している皆さんに対する
総額2兆7千億円の給付金支給法案を国会に提出しました。

こうした私たちの動きも受けて、
政府もやっと昨日、困窮する子育て世帯への
追加給付金を予備費で行うことを決定しましたが、
その額は2175億円と私たちの想定額からは
余りに少ない額となっています。

これでは困窮する皆さんへの十分な支援とはなりません。

私たちの法案が実現するように、
さらに政府に追加して要請しなければなりません。

また政府は、私たちが法案を提出した
持続化給付金の再支給は否定しています。

一方、3月8日から一時支援金の受付を開始しました。

法人60万円、個人30万円と、これも十分な額ではありませんが、
困っている皆さんに活用できる制度は確実に利用頂けるよう、
私の事務所でもPRをしております。

ところが一時支援金が利用できるのは、
緊急事態宣言発出地域に限られると
誤解されている方も多くおります。

一時支援金は、条件に合致すれば、
道南 8区管内も対象になりますので、
さらにPRをして、
少しでも足しにして頂きたいと思います。

https://www.meti.go.jp/covid-19/ichiji_shien/index.html

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.3.24===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください