21年3月30日 その4967『逢坂誠二 の徒然日記』(6664)

掲載日:2021.03.30

昨日の都内の気温は24度程度。

急に気温が上がり、体もちょっと驚いています。

昨夜は、外に出て、満月を楽しみました。

====
昨日で違憲の内容を含む
安保法政が施行されて5年となりました。

この間、日本の防衛環境が確実に変化しています。

一つは、自衛隊と米軍との一体化です、

16日の日米の外務・防衛担当閣僚による
安全保障協議委員会(2プラス2)後の共同発表では、
中国を名指しで批判し、日米同盟のさらなる強化を表明しました。

私は、この表明には正直驚きました。

中国を名指しするとは思っていなかっのですが、
旗幟鮮明にしたのです。

敵対関係を明確にして日米連携の強化の表明、
私の印象では、これによってルビコンを渡ったと感じます。

安保法制に基づく自衛隊の米軍防護の回数も増えています。

この点は、安保法制施行前後で大きく変化した点です。

以前は、自衛隊が平時に武器を使って防護できる対象は
自衛隊の武器や施設に限定されていました。

法施行で「日本の防衛に資する活動」を行う
米軍など外国軍隊の武器や施設が対象に加えられたのです。

現在は米軍のみ防護ですが、この回数が増えています。

二つ目の環境変化は、中国の軍事的台頭です。

これは多くの国民の皆さんの想像を
遥かに超えているものと思います。

私たちが望む望まないに関わらず、
日本の防衛の実態は大きく変化しています。

この現状の中で何をすべきか、
国民の皆様の思いも踏まえて、
確実な対応が必要です。

正直、悩んでいます。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.3.30===



One Response to 21年3月30日 その4967『逢坂誠二 の徒然日記』(6664)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください