21年4月10日 その4978『逢坂誠二 の徒然日記』(6675)

掲載日:2021.04.10

今日は、建具の日だそうですが、
建具という言葉をあまり聞かなくなりました。

昔、私の家の近所には、何件かの建具屋さんがあり、
いつも作業場に行って、職人さんの仕事を見ていました。

建具:
部屋の仕切りや外部との仕切りに用いる、
開け閉めすることのできる可動性の障子・襖・窓・戸などの総称(大辞林)

大辞林には、こんなことが載っていますが、棚、戸棚、神棚など、
棚類を作ってくれるのも、私の建具屋さんのイメージです。

1)写真

写真の撮り方、あり方が大きく変化したことを感じます。

携帯電話、特にスマホのカメラ性能が格段にアップし、
いつでも、どこでも、誰でもがカメラマンになれます。

街を歩いていると、本当の多く皆さんが、
思い思いに道端の花や風景にカメラ(携帯)を向けています。

私は、街を歩くのが好きです、

もちろん車の移動が多いのが事実ですが、
街を知るためには歩くのが一番です。

ただし、私はせっかちな性格のためか、
その日に歩くルートを決めたら、
一心不乱に決めた歩いてしまいます。

あっち寄り、こっち寄りの
そぞろ歩きができないタイプです。

でも道端で写真を撮影している方を見ると、
次回は私もブラブラと写真を撮りたいと思うのですが、
その思いはなかなか叶いません。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.4.10===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください