21年7月23日 その5082『逢坂誠二 の徒然日記』(6779)

掲載日:2021.07.23

今日も松前町で朝を迎えました。

朝の気温は22度、薄雲が広がっています。

日中は30度程度になる見込みです。

1)一次産業

昨日は、朝から夕方まで松前町内を丁寧に歩きました。

もちろん広い町の全ての地域を、一日で歩くことはできませんが、
とにかくゆっくりと皆さんの話を伺うことを基本に歩いています。

色々な話を伺いましたが、次の二つ話が強く印象に残りました。


一次産業が衰退し、地域で人が住めない状態になった。
この間の政策は間違いだった。
一次産業にもっと力を入れるべきだ。


情報化だとかITだとか言って、
街かどでも皆んながスマホを見ている。
それにも関わらず多くの人は
世界情勢も日本の政治にも興味がないし、
知るべきことを知らずに過ごしている。
情報化とは真逆の情報過疎時代だ。

====

いずれも極めて重要な指摘です。

今後、私たちが行うべきことに対し、
大きな示唆を与える話です。

2)五輪開幕

今日、東京五輪が開幕します。

平和の祭典などの祝福ムードとは違い、
コロナ感染、大会関係者の辞任解任など、
異様な雰囲気の中での開会です。

もちろん参加する選手には何の責任もありませんし、
選手の皆さんには精一杯の声援を送りたいと思います。

しかしやはり異様さと、
この間の政治の不誠実さを強く感じます。

*アンダーコントロール
*コンパクト五輪構想*招致買収疑惑
*国立競技場計画撤回
*エンブレム盗用疑惑
*責任者の相次ぐ交代

不都合なことへの説明を避け、
開会日まで来てしまいました。

結局は、何のための大会なのか、
よく分からないものになってしまいました。

丸川五輪大臣が、ステークホルダーという言葉を使ったことが印象的ですが、
様々な判断の根拠には、選手や競技のことや平和や平等ではなく、
海外のテレビ局やスポンサーの存在が大きいのではないでしょうか。

東京の感染の拡大も大きな懸念です。

開幕以降であっても、最大の課題は国民や来訪者の命を守ることです。

不都合なことに蓋をし続けた今回のオリンピックの強行から、
私たちは多くのことを学ばなければなりませんし、
蓋をし続けた不都合も明らかにしなければなりません。

これは生産性のない、辛い作業ですが、避けて通ることはできません。

しかもこの生産性のない辛い作業、
これをせざるを得ない状況へと引き込んだ者たちの責任は
限りなく大きいものと思います。

今日も地域歩きに専念します。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.7.23===



One Response to 21年7月23日 その5082『逢坂誠二 の徒然日記』(6779)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください