21年7月26日 その5085『逢坂誠二 の徒然日記』(6782)

掲載日:2021.07.26

今日、都内で打ち合わせのため、昨夕、霧の釧路から上京しました。

1)篠田奈保子さん

昨日午前、釧路市で開催された党7区総支部定期大会に、
道連代表として出席し、挨拶をしております。

北海道7区は次の自治体を選挙区とします。

釧路市、釧路町、白糠町、鶴居村、厚岸町、浜中町、標茶町、
弟子屈町、根室市、別海町、中標津町、標津町、羅臼町

7区は、前回2017年衆院選挙では、
当時の立憲民主党は候補を擁立できず、
選挙を一回休む形になりました。

しかし次の総選挙では、4児の母でもあり弁護士の篠田奈保子さんが
公認される見通しで、現在、精力的に活動を行なっています。


==篠田奈保子さんのプロフィール==

1972年(昭和47年)2 月:北海道清里町生まれ(6人姉弟の2女)

1992 年(平成4年):清里中学校、清里高等高校を経て2浪して北大法学部入学
1996年(平成8年):司法試験合格
2000年(平成12 年):斉藤道俊法律事務所(帯広)に所属
2008年(平成20年):法テラス釧路の常勤弁護士
2011年(平成23 年):はるとり法律事務所開業

==篠田奈保子さんの望む社会==
だれもが1日8時間働けば,暮らして行ける社会
それが難しい方には,社会保障をしっかり行う社会
そして老後の心配もない社会
子どもを持ちたいと思う人は子どもが持つことが出来る社会
そして平和な社会

==篠田奈保子さんの HPなど==
HP:http://shinodanaoko.com/index.html
Facebook:https://www.facebook.com/harutori.lo.shinoda
Twitter:@yorisoibenngosi
youtube:https://youtube.com/channel/UCs_9Ufbf3Bo7DES8TQZzPYw

====

篠田奈保子さんは、非常にパワフルな方です。

何としても国会で一緒に仕事をしたいと思っています。


2)欺瞞的誘致手法

五輪開幕中ですが、懸念された暑さの影響が出ています。

ロシアのアーチェリーの女子選手が、
23日、猛暑と湿気で倒れたとの報道がありました。

テニスのジョコヴィッチ選手は、
「なぜ午後3時に試合を始めないのか理解できない」と述べ、
試合開始を遅らせるよう要請しています。

ビーチバレーの会場では、
選手から砂が熱すぎて踏めないという苦情が出たため、
コートに水がまかれたといます。

====

一方、2013年9月の五輪招致レースの際、夏の東京について、

「この時期の天候は晴れることが多く、かつ温暖であるため、
アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候」

と日本側の立候補ファイルに書いていたことを思い出します。

加えて安倍総理は、2013年の招致演説で福島原発の状態について
「アンダーコントロール(管理下にある)」とも強調しました。

これらについて欺瞞的な誘致手法だと感ずるのは、私だけではないと思います。

こうした手口は、安倍・菅政権の常套手段だと感じます。








今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.7.26===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください