21年8月12日 その5102『逢坂誠二 の徒然日記』(6799)

掲載日:2021.08.12

問題山積ですが、菅総理は国会を開かず逃げ回っています。



1)国の礎は教育

日本の国力の衰え、低下について、
以前も指摘したかと思います。

その中でも教育の質や研究力の低下について、
以前から私は相当な懸念を持っておりました。

「国の礎は教育」にあると言われておりますが、
基礎がしっかりしなければ、
国全体にも悪い影響が出るのは当然です。

教育の質や研究力の低下は、
将来の国力の低下にさらに拍車をかけます。

この教育の質や研究力の低下を示す
具体的な事実がまた明らかになりました。

====
一昨年までの3年間に
世界で発表された自然科学の論文の分析結果が、
文部科学省の研究所から発表されました。

==1年当たりの平均の論文数==
1位:中国 約35万3100本
2位:アメリカ 約28万5700本
3位:ドイツ 約6万8000本
4位:日本 約6万5700本

==論文の質の高さ(他の論文への引用)==
1位:中国 約4万200本
2位:アメリカ 約3万7100本
3位:イギリス 約8600本
4位:ドイツ 約7200本
9位:インド 約4000本
10位:日本 約3700本

中国は昨年、論文数で世界1位となったのですが、
今年は質の点でもアメリカを抜いて 1位となりました。

日本は論文数の4位は昨年と変わりませんが、
論文の質は昨年の9位からインドに抜かれ10位になっております。

日本の論文の質は20年前(1997~99年)の調査では、
米、英、ドイツに続く4位でしたが、
昨年9位、今年10位と凋落傾向が顕著です。

この調査のことは、以前もこの日記で書きましたが、
この低下傾向を反転させるためには、時間もお金もかかります。

とにかく教育に力を入れる方向へと転換する必要があります。

そうしなければ、将来の研究開発力の差、
そして経済力の差に直結することになります。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.8.12===



One Response to 21年8月12日 その5102『逢坂誠二 の徒然日記』(6799)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください