21年8月17日 その5107『逢坂誠二 の徒然日記』(6804)

掲載日:2021.08.17

函館は今日も霧に包まれた朝を迎えました。

朝の気温は17度、今日も終日、雲の多い状態ですが、
雨が降る見込みはありません。

1)大築紅葉さん

昨日、小樽市で開催された党の4区常任幹事会で、
元フジテレビ記者の大築紅葉さんを
次期衆議院選挙の候補予定者とすることを全会一致で決定しました。

その後、私も同席して、立候補表明の記者会見を行っています。

大築さんは小樽市出身。

英バーミンガムシティー大卒業後、フジテレビに入社。

先日、会社を退職する直前まで、政治部野党キャップを務めておりました。

大築さんは、これまでは取材する立場で政治家に質問をしておりおましたが、
昨日は攻守所を変え、質問される立場として記者の質問に的確に答えておりました。

今日は朝一番で札幌市の手稲駅頭に立ち、早速活動を開始します。

2 )コロナ対策

東京などコロナ感染者の増加に歯止めがかかりません。

また病床の確保ができず医療崩壊を表明する県もあります。

政府のコロナ対策が、暗礁に乗り上げて、うまく進んでおりません。

結局、政府は緊急事態宣言地域などを拡大すると同時に
期限も延長せざるを得ない状況となりました。

緊急事態宣言地域として、
茨城、栃木、群馬、静岡、京都、兵庫、福岡の7府県が追加されます。

これで宣言地域は13府県となります。

まん延防止等重点措置地域も、
宮城、山梨、富山、岐阜、三重、岡山、広島、香川、愛媛、鹿児島の 10県を加え、
16道県に拡大となります。

宣言や重点措置の期限も9月12日まで延長となります。

これで全国の半分以上の29都道府県が、宣言か重点措置の対象となります。

首相は7月30日の会見で、
「8月末までの間、今回の宣言が最後となるような覚悟で全力で対策を講じる」
と述べていましたが、この発言は守られなかったことになります。

今一度、次の観点などから政府の対策を点検し、
早急に見直しをしなければなりません。

*現在の検査に対する考え方と支援策
*有症状陽性者確認から在宅、施設療養、入院への手順
*それを円滑に実施するために行っている方策
*コロナ禍で収入の減った病院への支援策
*自治体、大規模、職域などそれぞれのワクチン接種の現状
*生活が困窮する個人への現在の支援策
*収入が減った事業への現在の支援策
*goto施策をはじめとする現在の経済対策

特に政府が一体何をしようとしているのか
その姿が見え難くなっています。

明日、政府からヒアリングを行い、再度、対策の見直しを行います。

今日も地元で「歩く歩く聞く聞く」です。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.8.17===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください