21年8月22日 その5112『逢坂誠二 の徒然日記』(6809)

掲載日:2021.08.22

夜明け前の函館は街全体が霧に包まれていましたが、
次第に霧も晴れ、雲の多い空が見えています。

気温は21度で、終日、この程度で推移する予報です。

昨朝、五稜郭公園を2周歩きましたが、
靴が露で濡れる季節になりました。


1)24年も

この日記を書き始めたのは1997年11月です。

役場職員との情報共有などを目的として開始したものですが、
随分と長い時間が経過しました。

町長時代は1697回、国会に来てからは5112回、
今日で通算6809回目になります。

この24年あまり、色々なことがありました。

一つの大きな変化は通信環境です。

書き始めの頃は、出張先で発信するのは簡単ではありませんでした。

電源コードやモデムなど持ち歩いて、
公衆電話を探しながら発信していたのは懐かしい思い出です。

それが今では、世界中の多くの場所から発信できます。

もちろん国内でもまだ通信環境の悪いところはありますが、
日記開始頃に比較すれば格段の進歩です。

自分で手作りしたHPにアップを開始してからは、
多くの皆さんからご意見を頂くようになりました。

通信環境だけではなく、
メールからSNSへの進化を始め発信媒体も多様化しています。

1985年頃からのパソコン通信時代も含め
この間のネット通信を取り巻く状況を
整理し書き記しておきたいと思っていますが、
当面はそうした時間はなさそうです。

2)歩く歩く聞く聞く

昨日も函館市内を歩いています。

政府や自治体のコロナ対策に関する厳しいご意見を頂いております。

また高齢の親御さん介護のため、近隣、遠方を含め、
来函されているご家族の方々数人にもお会いしました。

歩くことで、今の地域の現実がストレートに伝わって来ます。

歩きながら聞きながら、
政治が行うべきことが見えてきます。

今日も地域を歩きます。



今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.8.22===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください