21年8月27日 その5117『逢坂誠二 の徒然日記』(6814)

掲載日:2021.08.27

昨日、奥尻入りし、今日は奥尻で朝を迎えています。

朝の気温は19度、雲の多い朝です。

日中は26度、夏日の予報が出ています。

昨夕から今日一日、奥尻を「歩く歩く聞く聞く」です。

====

今日から北海道も緊急事態宣言地域となります。

飲食店などの酒類提供や営業時間に制約が生ずることになり、
減収に対する支援が必須ですが、菅総理からはこれらに対する
明確なメッセージはありません。


1)自民党総裁選挙と総選挙

自民党の総裁選挙が9月17日告示、 29日投開票と決定しました。

この日程で総裁選挙が行われるならば、
解散は9月30日以降と見るのが当たり前の見立てです。

しかし今後9 月の中旬まで、淡々と政治日程が進むとは考えられません。

総裁選への出馬をめぐりあまたの権謀術数がめぐらされるものと思います。

菅総裁の再選が明確になれば、29日以後の解散もあり得ます。

しかし強力な対立候補との一騎打ちなど、
厳しい総裁選が予想される場合は、
補正予算や臨時国会の位置付けとも絡んで、
早期の解散もあると思います。
(一騎打ちを避ける力学が働くとは思いますが、)

もちろんこの場合、12日で緊急事態宣言が終了することが条件です。

いずれにしても額面通り物事が進む状況ではありません。


2)北島三郎記念館

函館市内のウイニングホテルに併設されている
「北島三郎記念館」(末広町)が
今月末で閉館することを報道で知りました。

私は、来函されるお客様に、この記念館を紹介し、
北島三郎ワールドを楽しんで頂いていたのですが、
閉館を知り何とも残念です。

館内には、北島さんの故郷の知内駅舎や
青函連絡船の雰囲気が再現されたコーナがあったり、
北島さんのロボットが「まつり」を歌うシアターゾーンもあります。

秀逸は女性係員による解説です。

私が初訪問した際、連絡船コーナーで、
上京するサブちゃんの心を切々と語る解説を聞き、
故郷あとにする不安と歌手になる決意が伝わり
思わず目頭が熱くなりました。

記念館のオープンは2002年。

19年が経過し、施設の老朽化が閉館の理由です。

コロナ感染の影響もありホテルも閉館するとのこと。

何とも残念なニュースですが、閉館までに再訪したいと思います。





今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.8.27===
逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
https://lin.ee/DCyVX7R



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください