21年9月7日 その5128『逢坂誠二の徒然日記』(6825)

掲載日:2021.09.07

今日は白露、そして新月です。

白露とは、夜中に大気が冷え、草花や木に朝露が宿りはじめる頃です。


1 )有り難うございます

私の公式LINEでの発信を再スタートしてから、
本当に多くのご意見いただいております。

心から感謝しております。

もちろん全てに返信はできませんが、
必ず私自身が目を通して参考にさせて頂いております。

====
野党が協力しないとだめ
もっとわかり易いコロナ対策を
立憲民主党の発信が足りない
PCR検査の拡充が必要
政権交代に期待する
自民党総裁選挙で野党埋没への懸念
====

このような意見をはじめ多くの声が届けられます。

本当に有り難うございます。

公式Lineからご意見をお寄せ頂く場合は、
以下のリンクから友だち追加をお願いします。

https://lin.ee/DCyVX7R


2)おたおたするな

自民党の総裁選挙に関連し、
野党の選挙情勢が厳しくなるとの見方が多いようです。

*菅さん相手なら良かった
*弱体化した菅政権と対決すれば勝機がある
*(野党にとって)最も嫌な展開になった

昨日の北海道新聞には、こんな文字が踊っています。

確かにこれらの指摘は、外れてはいないものと思います。

与党に注目が集まり、当面、野党には不利に働くでしょう。

しかし選挙は常に不安定要素を孕み、いつだって一筋縄では進みません。

社会全体の雰囲気も大事ですが、そればかりに囚われず、
それぞれの選挙区で確実な活動を継続することが大切です。

とにかく政策を研ぎ澄まして、オタオタしないことが肝心です。


今日、帰函し地元を歩きます。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.9.7===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
https://lin.ee/DCyVX7R



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください