函館市災害時多目的船の整備等に関する要望

掲載日:2012.07.25

7月25日(水) 函館市より工藤市長、能登谷議会議長、松本商工会議所会頭らが、災害時多目的船の整備等に関する要望のためお越しになりました。
災害時多目的船は、広域的被害をもたらす大規模な自然災害などの災害応急対策が実施可能な病院機能を有する船舶で、私はこの船舶の建造推進に向けた超党派の議員連盟に加盟し、わが国への早期導入に向け取り組んでおります。
民主党幹事長室へは私も同行し、阿久津総括副幹事長に面談していただき、災害時多目的船の早期整備と函館への誘致を一緒に要望いたしました。
また、内閣府の中川防災担当大臣への面談要望では、「バックアップ拠点構想」という提言の中で病院船(災害時多目的船)の整備を求めている北海道から高橋知事も加わっていただき、一緒に、本船舶の早期整備の必要性と函館への誘致を訴えさせていただきました。