7月20日 その1814『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.07.20



都内は雲の多い朝を迎えた。

暑さも、若干和らいでいるが、
夜の寝苦しさは変わらない。

夜には雨になると見込まれている。

日中の予想最高気温は26度だ。



1)核燃料サイクル
今日の朝日新聞朝刊社説で、
以下のような指摘がある。

== 以下、抜粋引用 ==

原発に依存しない安心な社会をつくっていく。
そのためには、発電全体での原発比率を下げるだけでなく、
核燃料サイクルからの明確な撤退方針を示すことが必要だ。

今後の日本では、原発を増やすことは考えにくい。
ウラン燃料の使用量が減るのに、
わざわざ再処理して
割高のプルトニウムを使うのは合理的でない。

日本が、経済的に見合わないのに、
核兵器の材料ともなるプルトニウムの大規模利用をめざせば、
それをまねて再処理に動く国が続出しかねない。
そうなれば世界の核不拡散体制にも悪影響を与える。

だからこそ、使用済み燃料を再処理せず、
数十年の間、中間貯蔵したあと直接処分するのが、
得策と考える。

ただ、この直接処分路線を選ぶと、
「価値ある資源」だった使用済み燃料は
一転して「価値のないごみ」になる。
その結果、民間企業がビジネスとして
使用済み燃料を扱う方式はいずれ、
壁にぶつかるだろう。

そこで、国が前面にたって
中長期的な戦略をたてることが不可欠だ。

== 以上、抜粋引用終了 ==

以上の指摘の中で、
国が中長期的な戦略をたてることが、
不可欠のとの指摘は、極めて大切だ。

今のルールの中では、
核燃料サイクルからの撤退は難しい。

国が今のルールを変更して、
核燃料サイクルに携わっている皆さんが、
撤退判断のできる道筋を明確にすることが重要だ。



今日も早朝から勉強会だ。

さあ今日も、しっかりと前進します。
=============
   2012・7・20 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください