7月22日 その1815『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.07.22

函館は、多少雲が多めの朝だ。

気温は16度程度だ。

夜半過ぎには、
寒さで目が覚めるほどだったが、
蒸し暑くて寝苦しい東京都は比べるべくもない。



1)倫理にもとる
昨朝の朝日新聞を見て、目を疑った。

福島第一発電所の作業員の放射線量計を
鉛のカバーで覆って仕事をしていたというのだ。

しかも、作業員を管理する会社の指示で。

信じられない話だ。

作業される方の安全性を最優先して、
慎重に仕事をしなければならないはずの、
原子力事故現場で、
こんなことが行われていたとは…。

仕事をしたいという人の弱みにつけこんだ。
人の道を外した倫理にもとる行為だ。

====

東電の下請け会社の役員が指示して、
こんな愚劣なことを行ったと報じられているが、
他に同様の事例はないのか、
よもや原子力の現場で
慣行化していることはないのかなどを含め
徹底した事実の解明が必要だ。

====

こんなことをしなければ、
仕事ができないのならば、
人の力の及ぶ範囲を
超越したのが原子力の現場といえる。



今日は、函館市内で活動後、
福島町に移動予定だ。

さあ今日も、しっかりと前進します。
=============
   2012・7・22 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください