9月11日 その1863『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.09.11

夜明け前の都内、

雲の少ない明るめの空が広がっている。



一時より朝夕は過ごし易くなったものの、

相変わらず昨夜も熱帯夜だった。



日中の予想最高気温は33度と、今日も高めだ。



しかし最近の大気の不安定さは今日も例外ではない。



夕方には、にわか雨の予報も出ている。



====



昨夕、松下大臣が亡くなったとの情報が入った。



過日、ある案件について、

議員会館の部屋で、

二人で相談をしたばかりだった。



突然のことで言葉もない。

心からご冥福をお祈りしている。



合掌。







1)地元回り

1月下旬からの通常国会が閉幕した。



国会開会中の平日は、

なかなか地元に戻ることができない。



仮に戻れたとしても、

辛うじて最終便で戻り、

次の早朝には再度、

東京入りせざるを得ないのが現状だ。



そのため、

地元での様々な会合などに出席できず、

苦言を頂くことも少なくない。



選挙が近付くと、

地元歩きが少ないと、特にお叱りを受ける。



もちろんこれは、現職国会議員として、

特に与党議員であればなおのこと、

地元案件も大事だが、

基本的には東京での仕事が中心になるのは

仕方のないことだ。



====



考えてみれば、

新春の集い真っ盛りの1月24日から

初秋までの一年の大半を占める長い国会会期であり、

支持者の皆さんから

地元回りが少ないとの苦言が出るのも頷ける。



しかし会期が終わり、

やっと地元を回ることができるようになった。



昨日は、早速、朝の街宣を行ない、

挨拶回りに歩く予定だった。



しかし朝は、生憎の雨で、

街宣を中止せざるを得ず、

何とも残念だった。



挨拶回りは、予定通り各所にお邪魔した。



この間も、強い雨が降るなど、

背広を濡らしながらの対応となった。



もちろんたった一日の挨拶回りで、

十分なはずはない。



閉会中も、予算編成をはじめとして、

東京での仕事も少なくない。



だから今後は、

東京と地元を行ったり来たりしつつも、

地元にウエイトを置いた活動となる。



====



地元歩きをしていると、

こんな状態の中だから、

当然、厳しい声も少なくない。



しかし、やっぱり逢坂さんに

やってもらわなければ困るとの激励も数多く頂く。



この背景には、

この間の私の仕事を評価して下さったこともあるだろうが、

とにかく逢坂を応援したいと願う支持者の皆さんの

強い連携にも支えられている面が極めて大きい。



とにかくどんな状況であっても、

私の思いを皆さんに伝えつつ、

この時期を大事に過ごさなければならない。



====



昨日は、

この冬の北海道の計画停電への懸念や、

医学部新設をはじめとする

医師確保問題への御意見を頂いている。



そうそう、地元回りが多くなると、

東京滞在時にも増して、食生活が不規則になったり、

色々なものを口にする機会が多くなる。



体重の増加や、

体調管理に留意することも必要だ。







2)代表選挙

10日、党の代表選挙が告示され、

50音順で、

赤松、鹿野、野田、原口の4氏が立候補した。



私が誰に投ずべきかを今の段階では、

明らかにできる状態にはない。



今回の代表選挙を通して、

この間の民主党の課題を明確にしつつ、

どんな民主党であるべきか、

どんな国家であるべきかを議論し、

我が国の次のへのステップが国民の皆さんと共有できる、

そんな選挙戦になればと願っている。







今日は、早朝から会合があることに加え、

午後には、地域主権改革に関し講演を依頼されている。



そのために都内入りしたが、

明日、各省から予算編成状況について報告を受け、

明後日からは、連続して地元活動に入る予定だ。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============


   2012・9・11 Seiji Ohsaka


=============



マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください