大間原発建設無期限凍結を求める街宣

掲載日:2012.09.23

  9月23日(日)函館市本町交差点にて、民主党北海道第8総支部として、平出陽子道議、斉藤博道議、高橋亨道議、斉藤佐知子函館市議、道畑克雄函館市議らとともに、「大間原発建設無期限凍結を求める」街頭宣伝を行いました。

 18日には、枝野経産大臣の工事再開容認発言に対し、文書で抗議を行いましたが、道南・函館の意向を無視するかのような発言は断じて認めることはできません。大間原発の工事凍結を求め、引き続き地域住民の皆さんとともに行動していきたいと思います。

 なお、この街頭宣伝は22~24日の3日間続けて行っています。お集まりいただいた皆さん、ご声援いただいた皆さん、どうもありがとうございました。