9月28日 その1880『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.09.28

今日は、朝からの会合に出席するため、

昨夜、函館から札幌入りした。



札幌は雲が多め。



朝の気温は16度、予想最高は22度だ。



街路樹の七竈が、赤く色づき始めている。







1)考える

最近のマスコミ報道は、深謀遠慮がないというか、

目先の現象だけをとらえて、

ちょっとだけ先のことを短兵急に予測し、

軽薄な世論形成のお先棒担ぎぶりが目に余る。



ときには良い指摘もあるのだが、

それが長続きしないのだ。



我慢というか、胆力がない。



====



ICTの活用で、

素早く広範囲な情報流通が可能になった。



こんな中で、

自分の意思とは無関係に、

国民の目の前には大量の情報が流し込まれる。



それによって、

深謀遠慮を欠いた、

その時々の感覚のようなものに左右された

世論が形づくられる。



その世論なるものの、

進もうとする方向が良いのか悪いのかを

判断する暇がないままに、

さらに大量の、

しかも配慮にかけた情報が注ぎ込まれる。



こうしてさらに浅薄な社会の雰囲気が生み出される。



この社会の雰囲気は、

決して強固なものではないが、

いとも簡単に社会を席巻する。



この社会の雰囲気は、

浅薄であるがゆえに、

人の耳目を集める事象が起こると、

その新たな事象に、

いとも簡単に支配されてしまう。



もちろん、

この事象の善し悪しの判断は、

何もないままにだ。



====



こんな社会だからこそ、

社会の木鐸たるべきマスコミは、

もっと腰の据わった議論を、論点を、課題を、

提起しなければならない。



しかし現実は逆だ。



簡単に物事にレッテルを貼り、

自由で多面的な議論を封殺し、

自分たちだけが正義であるかのような振る舞いをしがちだ。



確かに、現実に行動をしないものたちが、

文字、あるいは音声と映像だけで社会を論ずるのは、

気分が良いことかもしれない。



しかし、その気分の良さに酔いしれていては、

道を誤り兼ねない。



====



マスコミは、必ずしも自分たち自らが

具体の行動を起こす主体ではない側面がある。



だから、ある種、身軽であり、

その身軽さゆえに自由に発言もできるのだろう。



しかし、自由であるがゆえに、

私は、節度と深謀遠慮が必要だと感じている。



もちろんどんなニュースも論調も、

何度も何度も推敲し、

社内で議論して発信しているものと思う。



情報洪水の中、

揺れ幅の大きい社会の雰囲気の中では、

さらなる慎重さ、さらなる節度が、

マスコミには求められるのだと思う。



社会の雰囲気と同じ風潮がマスコミの中に蔓延し兼ねない状況に、

大いなる注意が必要だ。







2)目標





強い日本





領土を守る





毅然とした態度をとる



====



最近、良く耳にする言葉だが、

いずれも国民の心を捉えるものだろうし、

私もおかしなことだとは思わない。



政治家には、

目指すべき目標を明確することが求められる。



しかし、目指すべき目標を明確にしたからといって、

それを簡単に実現させてくれるほど、

社会は単純ではない。



様々な欲望、権力、利害、邪心などが、

渾然一体となっているのが社会の現実だ。



この社会の現実の中では、

目標を掲げ、それを口にした途端に、

それを実現させない反勢力が形成されることもありうる。



こうした様々な条件を俯瞰しつつ、

対処するのが政治家やトップリーダーの役割だ。



トップリーダーは、

何でも口にして、目標に掲げることができない。



だからこそ、

トップリーダーたるものは、辛く厳しいのだ。







今日は、札幌で会合に出席の後、

東京での両院議員総会、

その後、帰函の予定だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・9・28 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/



One Response to 9月28日 その1880『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください