10月14日 その1896『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.10.14

函館は、今朝も青空の広がる明るい朝を迎えた。



朝の気温がついに一桁となり8度だ。



午後には、雨になる可能性が高い。



日中は20度程度になる見込みだ。







1)会営薬局

一昨日、札幌市内で講演を行ったが、

その前に一瞬時間が空いたため、

10月1日に開局した

北海道薬剤師会の会営薬局を訪問した。



新しく整然と整備された薬局には、

調剤室はもとより、研修室、

クリーンベンチなどが設置されている。



この薬局は、

派遣薬剤師の確保と派遣調整、

無薬局地域等への薬剤師派遣の実施、

薬剤師の専門分野の実地研修の企画など、

多様かつ重要な役割を担うことになるが、

実際に訪問して、これらへの期待がより高まってくる。







2)シーベルト、ベクレル

放射能や放射線量について議論している際に、

その単位について混乱することがある。



分かり切っていることだが、

今一度、整理したい。



====



放射能:

放射性物質が放射線を出す能力のこと



放射線:

物質を通過する高速の粒子や波長が短い電磁波のこと



放射性物質:

放射能をもつ物質で、

放射性ヨウ素や放射性セシウムなど様々な種類がある。



====



電球にたとえると、

放射性物質が電球、

放射能が電球が光を出す能力、

放射線が光にあたる。



====



ベクレル:

放射性物質が放射線を出す能力(放射能の強さ)を表す単位



農産物などの食品に放射性物質が検出された場合、

1kg当たりのベクレルで示される。



シーベルト:

人体が受けた放射線による影響の度合いを表す単位



放射線を外部から受ける外部被ばくの場合:

空間線量と被ばくした時間によって



放射性物質を含んだ食品などを摂取して

体の内側から放射線を受ける内部被ばくの場合:

ベクレルと食べた量(kg)、実効線量係数によって



それぞれ人体への影響の程度(単位:シーベルト)を計算する。



====



ベクレルとシーベルト、

議論の際に混同しがちだが、

これらのこともしっかりと頭にいれておく必要がある。







3)希望

13日、函館市内の野又学園調理製菓専門学校の

学校際にお邪魔した。



生徒が作ったオムライスやパン、

出汁巻き玉子、クッキー、

ケーキなどが販売された。



開場の10分ほど前に学校に到着したが、

もう既に100名近い皆さんが列を作っていた。



私も列に並びワクワクしながら学校に入る。



ケーキやクッキーの甘い香りの漂う学校内には、

次々と市民が訪れる。



まさに大盛況というべき状態だ。



料理を提供するのは生徒たちだ。



来場者の目の前で、

真剣にオムライスを作っている。



フライドポテトを揚げたり、

出汁巻き玉子を作るのも生徒たちだ。



いずれも真剣で目に光がある。



茶道クラブによる抹茶の提供も

全て生徒たちが行う。



短い時間の中で、

生徒たちが茶道の作法を覚え、

掛け軸や器に対する知識を深めたという。



いずれの学生も躍動感に溢れている。



====



私も多くの学校祭を訪問するが、

こんなに学生のやる気に満ちた学校祭は初めてだ。



有名料理店で活躍する先輩も多いというが、

学生たちの動きを見ていると、

その現実にも納得が行く。



ヤル気に満ちた学生たちに触れ、

日本の将来に大きな希望を感じた学校祭訪問だった。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・10・14 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください