10月18日 その1900『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.10.18



昨夜と今日の地元用務のため、

昨夜、最終便で帰函した。



昨夕、都内では雨が降り始め、

函館空港到着後も強い雨が降っていた。



今朝は、その雨も上がったが、

空には多くの雲が残っている。



西高東低の冬型に近い天気図だ。



今の気温は12度程度。



日中は16度までしか上がらない見込みだ。







1)政治の勢いと緻密さ

政治が解決すべき課題の多くは、

理論や理屈だけではことが済まないことが殆どだ。



その解決のためには、

理論や理屈を超えた

ある種の勢いやパワーが求められる。



これも多くの方々が経験していることだろう。



だから一点突破の勢いが、

問題解決の王道だと考えている方も多い。



具体例は示さないが、

勢いに乗った一点突破の手法による問題解決は、

長い目線で見れば、

必ずしも目的を達成できていないことが多い。



逆に問題を悪化させるようなケースもある。



====



政治が解決すべき課題に対処するためには、

ある種の勢いに加えて、

相当な緻密さが必要だ。



すぐれた政治家の演説を見てもそのことを強く感ずる。



どんなに迫力がある熱っぽい喋りをしていても、

非常に醒めた冷静な心を併せ持っているのだ。



====



多くの世論は、

こうした緻密さにまで思いが至っていない場合が多い。



冷静にものを見る雰囲気どう醸すか、

それも政治の役割なのだろう。







2)要望活動

昨日、教育大学函館校の

教員養成課程存続等の要望のため、

関係者の皆さんが上京された。



3万名近い署名簿も持参され、

それを文部科学省に提出している。



対応頂いた笠文部科学副大臣からは、

地元の意見を無視して、

ものが進むことはあり得ない等、

力強い発言があった。



上京された皆さん、

また今回の要請活動の準備をされた皆さん、

そして思いを同じにする皆さんに、

心からの敬意と感謝を申し上げる。







今日は地元用務を終えた後、

都内入りの予定だ。



今日、日記が「1900」を迎えた。





いつもお読み頂いている皆さんに感謝している。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・10・18 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください