10月21日 その1903『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.10.21



函館は昨夜の雨も上がり、

スッキリとした朝を迎えた。



舗装道路はまだ濡れたままだ。



朝の気温は12度、

日中もさほど変わらない13度程度だ。







1)講演など

20日は、

鹿部でのオープン・ミーティング、

函館市内で商工関係者への講演など、

多くの皆様に政治の情勢などについて話をさせて頂いた。



鹿部では、

政権のあり方、原子力、日本の財政、

TPPなどについて話をさせて頂いた。



参加の皆さんからは、

原子力への不安、復興予算の不透明さ、

消費税の使途、医療格差への不満など、

多くのご意見を受けた。



鹿部町で初のオープン・ミーティングは、

充実の1時間半となった。



参加された方からは、

もっと頻繁にこうした話を聞きたいとの感想も頂いた。



====



函館市内での夜の講演でも、

原子力や日本の財政について話をしている。



2時間の予定で講演を行ったため、

日中よりも丁寧に様々な話をすることができた。



参加者の皆さんは、やはり原子力に対する関心が高い。



使用済核燃料の現状などを話すと、

皆さんの顔つきが変わるのが分かる。



====



原子力ゼロを実現するためには、

クリアしなければならない課題は山積だ。



Ø

電力会社

(使わない原発は不良債権となるが、その扱い)



Ø

雇用をどう確保するか



Ø

立地自治体

(多額の交付金への期待利益)



Ø 使用済核燃料

(処理方法が決まらない、(廃炉も))



Ø 金融市場

(多額の資金調達と市場不安)



Ø

原子力技術をどう維持継承するか

(アレバ(三菱)、WH(東芝)、GE(日立))



Ø

原子力新興国への対応



Ø

代替エネルギー開発と化石燃料価格高騰



Ø

核不拡散(プルトニウム)



原子力ゼロという目標に向かって、

こうした課題に丁寧に粘り強く、

対処しなければならない。



====



講演参加者の方からは、

誤った政治主導に対する極めて適確な指摘などがあった。



鹿部、函館、

それぞれの会場におこし頂いた皆さんに

心から感謝している。







今夜は、オリオン座流星群の極大日。



少しでも眺めることができるだろうか?



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・10・21 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください