原発・エネルギー政策及びTPP協定交渉に関する要請

掲載日:2012.04.05

4月5日(木) 民主党北海道選出国会議員会議が開催されました。
この日は、民主党会派の北海道議会議員がお越しになり、大間原発問題などの原発・エネルギー政策の見直しやTPPへの慎重な対応等、北海道の当面する政策課題に関する要請をいただき、この件に関し意見交換をいたしました。
この後、道議会の皆さんに同行し、民主党陳情・要請等対応本部及び経済産業省・中根大臣政務官に対し、原発・エネルギー政策及びTPP協定交渉に関する要請をいたしました。
特に大間原発に関しましては、立地している青森県よりも北海道側の方が人口が多く、万が一の場合の影響は過大であるため、安全上の配慮から、工事凍結が必要である旨強く要請いたしました。