10月28日 その1910『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.10.28



今朝は、八雲町での朝を迎えた。



昨夜、会合のため来町した。



今朝も引き続き、八雲で用務があるため、

町内での宿泊となった。



雲が多めで、天候は下り坂のようだ。



朝の気温は10度を超えて、

気温は高めのようだ。







1)ホタテ養殖

昨年、3月11日に発生した東日本大震災では、

北海道も大変な被害が発生している。



特に噴火湾のホタテ養殖被害は甚大で、

八雲町では壊滅的な被害となった。



震災当初、

再興は難しいのではないかと思われるほど、

激しい被害だったが、町や漁協を先頭に、

漁師の皆さんが一丸となって復旧に取り組んだ。



私も、まず交付税での対応、

さらに本州被災県と同様の

支援制度などを適用させるため走り回った結果、

効率の補助制度の導入が可能となった。



こうしたこともあって、

この秋には、養殖施設が

ほぼ以前の状態に復旧することができた。



この復旧にあたっては、

漁連はもとより、

佐呂間、常呂、湧別の漁協などをはじめ

多くの皆さんに支援を頂いている。



昨夜は、この復旧に感謝する集いが、

八雲町内で行われ、

私も来賓として出席し、挨拶をさせて頂いた。



====



ホタテ養殖は、渡島管内の重要な産業だ。



これが壊滅状態となれば、管内だけではなく、

ホタテ加工も含め全道経済にも大きな影響を与える。



厳しい状況の中だったが、

地元の皆さんを元気づけつつ、

とにかく復旧にしなければならないとの強い思いで、

私も対処させて頂いた。



今回、何とか原状復帰できたことを、

本当に嬉しく思う。



====



復旧したとはいえ、

震災による被害は甚大でその傷跡は深い。



しかし元の状態に戻るための

大きな階段を上ることができた。



昨夜は、多くの関係者の皆さんと

濃密な時間を過ごさせて頂いた。



改めて心から嬉しく、感謝している。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・10・28 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください