11月3日 その1913『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.11.03



昨夜、最終便で帰函し、

いくつかの会合に出席した。



今朝の函館は雲が多めの朝を迎えた。



今の気温は8度。



日中も10度程度にしか上がらない見込みだ。







1)海獣

日本海側の漁師さんから、

トド、オットセイ、アザラシなどに網を破られ、

漁に多大な被害が出ていることに対し、

多くの要望が寄せられている。



北海道などの調査によれば、

これらの海獣によって、

年間で21億円程度の被害が出ているという。



海獣を駆除して欲しいとの声も多いが、

国際条約などによって保護されている部分もあり、

駆除もなかなかままならない状態だ。



道や水産庁、さらに環境省とも協議し、

何らかの対応を検討しなければならない。







2)地方公務員給与

財務大臣の諮問機関である、

財政制度審議会が、

国家公務員給与の比較して、

地方公務員の給与が高いとして、

交付税の減額などを審議したという。



今回、国家公務員の給与が引き下げられたのは、

復興財源に充当するための時限措置だ。



地方公務員のラスパイレス指数が上昇したからといって、

地方公務員の給与が高すぎると判断するのは早計だ。



もちろん地方財政は厳しい現状が続いている。



だから国からどうこう言われるまでもなく、

自治体自らが、

給与の水準をしっかりと検討することが必要だ。



一時的なラスパイレスの高まりを理由に、

国が交付税削減を梃子にして

一方的に給与の削減を迫ることには違和感がある。







1946年、66年前の今日、

日本国憲法が公布されている。



今日は終日、函館市内で活動する予定だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・11・3 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 11月3日 その1913『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください