函館市身体障害者福祉大会

掲載日:2012.11.04

 11月4日(日)函館市総合福祉センターで、「第59回函館市身体障害者福祉大会」が開催され、来賓として私も祝辞を述べさせていただきました。

 この大会は、函館市内の障がい者が一つの輪となり、会員相互の親睦と自立の意欲高揚を図ることを目的に、函館市身体障害者福祉団体連合会と函館市社会福祉協議会が主催し、今年で59回目の開催となります。約200名の関係者の皆さんが出席し、障害者差別禁止法の早期制定などを求める大会宣言を採択しました。また、障がいを克服し自立している人や支援者が表彰されました。

 函館の福祉は全国的に見ても、個人、企業・団体、行政等、担い手が多様で、層が厚い点に特徴があり、その様々な取り組みは、地域の宝物と言えます。障がいのある方でも当たり前に地域で暮らせる社会の実現に向け、これからも皆様と共にしっかりと取り組んでまいります。