北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区の早期実現の要請

掲載日:2011.11.26

11月25日(金) 北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区の早期実現の要請のため、地域活性化特命担当政務官である福田総務大臣政務官にお会いしました。
本件は、先の民主党北海道選出国会議員会での決議に基づく要請行動ですが、議員会を代表して私が政務官と面談し、ご説明いたしました。
北海道は、我が国最大の食料供給基地として、国の成長戦略に掲げる「食料自給率の向上」並びに「農水産物及び食品の輸出拡大」の実現に最も寄与できる地域です。
このポテンシャルを活かした、東アジアの食産業の研究開発・輸出拠点を目指すために、特区の早期指定が必要です。