11月9日 その1919『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.11.09



今日の都内は、ごく薄い雲が広がっているが、

天候が悪い雰囲気はない。



湿度も低めで、洗濯ものが良く乾きそうだ。



最高気温は20度程度。







1)国会

衆院の各種委員会が動き出している。



総務委員会でも3時間にわたり質疑が行われた。



また午後には、

特例公債法についての本会議質疑が行われている。



色々と動き出したことは実に喜ばしい。



もちろんそのため、

終日、拘束される時間が長くなっている。



その分、色々な会議や打ち合わせが、

早朝や夜にシフトされ、

時間の確保が厳しい状態だ。







2)政治改革推進本部

8日午後、党の政治改革推進本部総会を国会内で開いた。



衆参両院の選挙制度改革について、

衆参両院議員が出席し、

1時間近くにわたって意見交換を行い、

格差是正と定数削減を同時に処理することを確認した。



10人以上の議員から意見が出され、

役員会の方針をふまえ





衆院の選挙制度改革については

前国会で民主党が提出した法案の内容である

格差是正、定数削減を同時に処理する





委員長手当の見直しについて各党に提案する





以上を実現するため、

今後の国会対応については

輿石東幹事長と安住本部長に一任する



以上のことを決定している。







今日も日程がぎゅうぎゅうだ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・11・9 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 11月9日 その1919『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください