第30次地方制度調査会

掲載日:2011.08.25

昨日8月24日(水) 官邸で第30次地方制度調査会の第一回会合が行われましたので出席いたしました。
地方制度調査会は、現行地方制度に全般的な検討を加えることを目的とし、内閣総理大臣の諮問に応じ、地方制度に関する重要事項を調査審議するために内閣府に設置された審議会等のひとつです。
昨日の会議では、東京市政調査会の西尾勝理事長が第30次調査会会長に選出され、菅内閣総理大臣から、東日本大震災を踏まえた基礎自治体の担うべき役割や行政体制などの在り方などについて、調査審議を求める諮問文が渡されました。
今般の調査会では、地方自治法改正を議論した後は大都市制度の在り方などを審議する予定です。