11月16日 その1926『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.11.16



昨夜、就寝前、東の空に輝いていた木星が、

今朝は西の空に移動している。



東の空には木星に代わって、金星が輝く。



漆黒の空の中に、

都内でも結構、数多くの星が見える。



このまま夜明けまで、空を眺めていたいが、

そうは問屋がおろさない。



今の気温は、9度程度。



日中は15度程度になる見込みで、

今日は洗濯日和となる。







1)解散だが・・・

本日の解散が確実となって、

永田町周辺は、選挙だ、選挙だと、

選挙に、はやる気持ちに満ち溢れている。



議員はもちろんだが、

マスコミもその燃え盛る炎に

油を注ぐかのような取材姿勢で、

選挙ムードをことさらに煽っている。



「議長の解散宣言、すわ地元へとんぼ返り、

慌ただしく支持者回りをする前議員・・・」、

こんなステレオタイプの映像が欲しくて、

テレビ局からの取材依頼が相次ぐ。



そんな気持ちになるマスコミの皆さんの

画一的な発想に辟易しつつも、

ひと月後の選挙に向かって

気持ちが高ぶっているのは事実だ。



だがしかし、

選挙中であっても我々は与党だ。



原発事故、被災地の復興、万が一の災害、経済対応、

外交や国境の警備など、

24時間、常に神経を研ぎ澄ましていなければならない。



====



そもそも私は、

行政の継続性を遮断する解散に対し、

否定的な印象を持っている。



全ての解散がダメだというつもりはないが、

それまでの仕事を一気にリセットする解散には、

無責任とも言われ兼ねない側面が漂う。



解散表明には、

仕事の放り投げという負の側面があることを

十分に認識しなければならない。







2)選挙制度

昨日、衆院の特別委員会で、

衆参の選挙制度について質疑を行い、

私も法案提出者として答弁に立っている。





4増4減の参院法案





0増5減の衆院法案





衆院比例定数40削減法案



昨日は、以上の法案が衆院を通過した。



しかし、比例定数40削減については、

一昨日、党首討論をした自民、公明両党が反対している。



昨夜は、参院特別委員会でも、

選挙制度の質疑が行われ、

4増4減案と0増5減案が可決された。



ところが参院特別委員会では、

比例定数40削減法案は、

自民、公明などの反対で審議すらされていない。



結局、野田総理が強く求めた定数削減だが、

自民、公明からは定数削減に否定的な様相が色濃く出ている。







今日の午前、衆院総務委員会が開かれ、

その後、衆参本会議が幾度かに渡って開催される。



そして夕刻には、衆院議長が解散を宣言する予定だ。



最終便で帰函したいと思っているが、

間に合うかどうかギリギリの時刻となりそうだ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・11・16 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください