安心・安全な薬とサプリメントを考える議員連盟

掲載日:2011.07.04

 本日7月4日(月) 安心・安全な薬とサプリメントを考える議員連盟緊急集会に出席いたしました。
 今回の集会は、一般用医薬品のインターネット等販売規制と調剤報酬改定について、関係団体や内閣府、厚生労働省と意見交換を行うため、開催されました。
 日本薬剤師連盟からは児玉会長、生出副会長、小野村副会長、斎藤副幹事長が、日本チェーンドラッグストア協会からは宗像事務総長、本吉事務局長が出席されました。
 議連として、①本来、中央社会保険医療協議会で議論されるべき調剤基本料について、その議論を経ずに一元化することには反対であること及び②一般用医薬品のインターネット等販売の規制緩和については、国民の健康の増進確保と安心・安全な生活を確保すべきとの観点から、慎重に対応することを政府に要望していくことにいたしました。