『逢坂誠二の徒然日記』 その1042

掲載日:2009.11.07






==================
  逢坂誠二の徒然日記  
    その1042 平成21年11月7日号
==================




都内は、雲が多いのですが、
雲の切れ間から、
空の向こうが見えています。

今日は立冬です。



1)服と靴
過日、私の服装と靴について、
楽しく指摘されました。

====

逢坂さんのズボンがよれよれ。
逢坂さんの靴、
いつ磨いたのか分からないほど埃まみれ。

====

こんな指摘でしたが、
「でもそれほど、仕事に没頭していること」
と付け加えて頂きました。

====

うーん、確かにそうなんです。

この会合のときは確かに、
そうだったんですね。

特にズボンはヨレヨレで、
私自身も会場に行ってから
気が付きましたが後の祭りでした。

また靴については、
ここしばらくずっと汚いままで、
これも手つかずで過ごしていました。

ズボンも靴も気にはなっていたのですが、
そこまで手が回らなかったのが事実です。


なんとも恥ずかしい限りです。

皆さん、よく見てますね。

最近は、
ネクタイ、ワイシャツ、
背広、靴など、
ほとんど気遣っていません。

少し改善しなければなりません。



2)地域主権
近日中に、
分権改革推進委員会から
最終の勧告が出される見込みです。

今回の主な柱は、
税や財政問題です。

この勧告の提出に向けた準備に奔走しています。

====

また委員会として最終勧告になるため、
今後、地域主権政策をさらに検討し推進するための、
新しい仕組みも準備しなければなりません。

この作業も、加速しています。


====

また4日に一応出そろった、
義務付け枠付けの見直しについて、
各省との政務官クラスでの政治折衝を
集中的に実施する予定です。

地域主権型社会の実現に向けて、
様々なことが動き出しています。


週末は、北海道での活動です。


さあ今日もしっかりと前進します。

=============
 2009・11・7 Seiji Ohsaka
=============




4 Responses to 『逢坂誠二の徒然日記』 その1042

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください