『逢坂誠二の徒然日記』 その1051

掲載日:2009.11.18

今日も都内は雲が多く気温が低めです。

もちろん気温が低いとはいっても、
北海道に比べると、
その寒さの質が違います。

でも今朝は、ちょっとだけ
暖房のスイッチを入れました。


1)地域主権戦略会議
昨日の閣議で、
地域主権戦略会議の設置が決まりました。

その直後、総理と原口大臣が、
事務局に看板をかけています。

事務局の看板は、原口大臣が揮毫したものです。

一昨日、木の板に原口大臣が「地域主権戦略会議」と
筆で書く場面に立会しましたが、
下書きもしないで、一気に8文字を書き切り、
その達筆ぶりに驚きました。

単に達筆というだけではなく、
精神を一気に集中し
書き上げるその姿勢にも感服しました。

====

このふた月、この会議の設置に向けて
走り回りましたが、
多くの皆さんの支援を受けて、
ほぼ予定通りの時期に設置が叶い、
嬉しく思っています。

地域主権は鳩山内閣の1丁目1番地の政策です。

これで議論と実行の舞台が整い、
いよいよ様々な作業が本格化します。


2)蟻
最近は、蟻を見ることがなくなりました。

それだけ地面を見ることが
なくなったのかもしれません。

さらに土の地面や、
蟻の住み着きそうな
石垣などを見なくなったのかもしれません。

もっと自然に触れ合うなどと
大げさなことを言うつもりはありませんが、
コンクリートの地面とビルの中を行き来する生活を
ちょっと見直さなければなりません。

かつて自然に触れ合うことが、
ありふれた日常だったことを思うと、
今の生活リズムは
多少常軌を失っているかもしれません。


3)反省
昨日、ある方との面談を予定していました。

しかし、その予定以前に、
直接会って話をする機会があり、
さらに状況も変わったため、
その面談を取りやめにしました。

しかし、相手の方には、
取りやめにしたことが伝わらず、
約束の時間に、私を待っているという
行き違いが起きてしまいました。

先方から、時間になっても来ないと連絡を受け、
その行き違いに気づきましたが後の祭りです。

約束事項を変更したことを
キチンと確認しなかった私の不手際であり、
猛烈に反省しています。

相手の方には、即、電話をしてお詫びしましたが、
後日、改めて、謝罪しなければなりません。

反省。



====


昨日は新月でしたが、
心配されたPCのトラブルもなく、
ホッと一安心です。

しかし個人用のPCは、
使用開始から随分と時間が経過し、
いつトラブルになってもおかしくない
そんな時期です。

そろそろ後継機を検討すべき時期です。


====

BobDylanが、クリスマスCDを発表しています。

まだ封を切っていませんが、
どんな内容なのか、楽しみです。


====

今日はしし座流星群の極大日ですが、
この天候じゃ観望は難しいようです。

さあ今日もしっかりと前進します。

=============
2009・11・18 Seiji Ohsaka
=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



One Response to 『逢坂誠二の徒然日記』 その1051

  1. 清村賢一 says:

    先日のテレビ番組「たけしのテレビタックル」の中で、ある政治評論家と原口大臣とのやりとりがありました。その中で、地域主権の「主権」と主権国家の「主権」について議論が交わされていました。
    評論家「主権国家とあるように主権は国家が持つものであり、地域が主権を持ったらこの国はどうなるのか?ばらばらになるんじゃないか」それに対しての原口大臣の説明もありましたが、時間の制約もありどうも納得のいく答えが得られませんでした。
    この「主権」ということばの使い方をきちんと理解しないと、「地方主権」やこれからの施策に対して誤解が生じないかと、ちょっと不安になりました。
    できれば、丁寧な説明をいただけないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください