衆議院総務委員会

掲載日:2011.04.30

 本日4月30日(土) 連休中ではありますが、衆議院総務委員会が開催されました。
 本日の委員会では、東日本大震災の被災地復旧・復興に向けた第1次補正予算案の関連法案として、特別交付税を1200億円増額する「平成23年度分の地方交付税の総額の特例等に関する法律案」について質疑・採決が行われました。
私も関連質問に対し、答弁をしております。
 議論の中心となった特別交付税は、災害の復興支援などのために自治体に配分するものですが、今回の増額は、東日本大震災の被災団体における災害弔慰金の支給や行政機能の維持、被災者支援に係る応援団体への応援など特別の財政需要に対応するため、地方交付税法の特例を設けるものです。