噴火湾渡島地区の水産被害対策について

掲載日:2011.04.26

 昨日4月25日(月) 噴火湾渡島地区から鹿部町、森町、長万部町、八雲町の各町長さんと鹿部、砂原、森、長万部、落部、八雲町の各漁業協同組合から組合長さん、理事さんが東日本大震災に係るホタテ養殖等の水産被害のご相談にお越しになりました。
 私も農林水産省に同行し、筒井副大臣、佐藤水産庁長官と被害状況や被害への対策について、話し合いを致しました。
 噴火湾地区のホタテ養殖施設の被害を中心とした渡島管内の東日本大震災による被害は、141億円を超えることが見込まれます。
 養殖漁業そのものの存亡に係わる状況ですので、迅速かつ継続的な対応が必要だと考えております。