『逢坂誠二の徒然日記』 その1072

掲載日:2009.12.17


都内は、夜明け前の空に、
羊の背中のような雲が、
ぽかり、ぽかりと浮かんでいます。

予想最高気温は10度です。

函館は今日も真冬日の予想です。

====

気がつけば、一週間後はクリスマスイブ、
さらに一週間後は大晦日です。



1)内閣府政策会議
昨日、内閣府の政策会議で、
義務付け枠付けの見直し、
さらに地域主権戦略会議について
説明を行っています。

義務付け枠付け個別項目のうち、
ゼロ回答だったものの理由を問う声や、
規制に関するワンストップサービスを望む声など
がありました。

しかし、各省政策会議とも
政策会議全体の時間が少ないこと、
閉会中のため、本人参加よりも秘書参加が多いことなど、
課題も少なくありません。



2)義務付け枠付けの見直し
義務付け枠付けの見直しに関し、
相変わらず規制緩和だとの
見方をしている方が多いようです。

義務付け枠付けの見直しは、
その判断の主体を国から、
主権者である国民に身近な自治体に移すこと、
これがその中心です。

そして、より国民生活の現実に則した
判断ができることが重要なのです。

その結果、現状維持も、規制の強化も、
規制の緩和もあり得るのです。

単純な規制緩和ではないのですが、
なかなか理解は得られません。

====

昨日の内閣府政策会議で、
義務付け枠付けの見直しについても、
事業仕分けの手法を使って、
全面公開のもとで実施をすればとの意見がありました。

注目すべき意見です。

事業仕分けに比べると、
専門的な内容が多い感じがしますので、
仕分け対象項目をどう選定するかが
鍵になりそうです。




今日は、早朝から官邸で
副大臣会議が開催されます。

今日の月齢は0.6日です。

私の好きな細い月を、
今夕はどこかで見ることができるでしょうか。

ビルの間からだと
そんなチャンスは少ないかもしれません。


さあ、今日もしっかりと前進します。

=============
2009・12・17 Seiji Ohsaka
=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください