『逢坂誠二の徒然日記』 その1079

掲載日:2009.12.31


今年最後の日、
大晦日を迎えました。

年末ギリギリまで、都内で仕事をして、
今日、帰函です。

それでも今日は少し心に余裕を持ちながら、
日の出前に5キロ程度のジョギングで汗を流しました。

空には、満月一歩手前の月が輝き、
月に見守れながら、師走の都内を走りました。

都内の商店や個人宅の前も、
松の飾りが付けられて、
正月を迎える準備が整っています。

都内はスッキリと晴れ上がっていますが、
その反面、日本海側や
北日本は大荒れです。

====

そして函館空港は、
案の定、強い風が吹き、
飛行機は東京引き返しもある条件付きの離陸でした。

強い横風の中、
無事に函館空港に到着し、
現在、この日記を書いています。



1)究極の居抜き、その後
先日、今回の政権交代は、
究極の居抜きだと書きました。

この件について、多くの方から、
良く分かった、
同感だとのメッセージを頂きました。

もちろんこの居抜きは、
あらかじめ分かっていたことであり、
そのことを織り込んで
政権運営に当たるのは当然です。

しかし、日本の憲政史上で初ともいわれる
本格的な政権交代ですから、
相当な軋轢があるのも事実です。

====

実は、こうした居抜きは、
自治体の現場では日常茶飯事です。

自治体首長の交代が、
まさに居抜きなのです。

こうした現実に対する覚悟なしに、
首長交代が行われ、
色々とトラブルになった自治体を
数多く知っています。

居抜きであるにも関わらず、
休業して店舗改装に力点を置きすぎて、
仕事が進まないケース、
居抜きであることを知らずに、
まったく新しいスタイルで仕事を進め、
トラブルに陥るケースなど、
自治体現場では、
これまでも色々なことがありました。

====

これらの経験が国政に
直接、生かされるわけではありませんが、
大いに参考になることもあるようです。



2)御礼
今年は、いやここ2年あまり、
本当に色々なことのあった年でした。

明日が選挙、明日が選挙と、
常に臨戦体制で進んいましたが、
なかなか解散せず時間だけが過ぎて行きました。

その間、私自身も、そして支援くださる皆さんも
随分と消耗しました。

そして今年7月、いよいよ解散し、
40日という長い期間をかけて投票日を迎えました。

多くの皆さんからご支援を頂き、
私の当選、さらに政権交代が実現しました。

しかし、政権交代はゴールではなく、
スタートです。

====

選挙直後から私たちの掲げる
国民の生活が第一の国づくりに向かって、
全力で突き進んでいます。

私自身は、9月16日、原口総務大臣から、
地域主権を担当して欲しいとの依頼があり、
党と総務省などの連絡調整をする中で、
地域主権戦略会議の立ち上げや、
自治体からの要望の強い義務付け枠付けの
見直し作業に当たって来ました。

12月4日には、鳩山総理から、
内閣総理大臣補佐官を拝命しました。

担当は、地域主権、地域活性化、地方行政です。

これ以降、さらに仕事に拍車がかかり、
12月には、
地方分権改革推進計画の閣議決定、
さらに地域主権戦略会議や、
国と地方の協議の場の法制化実務検討会議の
初会合を開催することができました。

====

私は、民主主義の基礎は
自治にあることを強く認識しながら
この20年あまり仕事をしてきました。

ところが小泉政権下で、
自治がないがしろにされる姿を目の当たりにし、
国政に軸足を移すことを決断したのです。

その私が、今、政権の中で、
私の本籍である自治の諸課題に、
取り組むことができるのは、
何とも感慨深いことです。

自治の活動が輝く国家を目指して、
さらに邁進しなければなりません。

====

また来年度予算編成では、
三位一体改革などで
理不尽かつ大幅に削減された交付税の確保や、
子ども手当の制度決定にも、
官邸メンバーの一員として、
何とか成果を残すことができました。

====

こうした活動ができるのも、
私を地元で支えてくださる皆さんがいるからです。

皆さんのご支援に心から感謝いたします。

その一方で、政権交代後、
以前のように頻繁に
地元に帰ることができないのが悩みの種です。

====

色々なことのあった一年ですが、
年末もフル回転しながら、
来年を迎えたいと思います。


重ねて多くの皆さまに
感謝申し上げます。




さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
 2009・12・31 Seiji Ohsaka
=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 『逢坂誠二の徒然日記』 その1079

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください