1月15日 その1090『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2010.01.15



夜明け前の都内の空は、
うす雲が広がっているようです。

雲の向こうに、若干だけ星が見えます。

今日の日没直前、那覇以南では、
条件が良ければ部分日食が見られるかもしれません。

もちろん私は、沖縄にはいませんので、
見ることは叶いませんが気になります。


都内の予報:晴れ時々曇り、最低1度、最高8度
函館の予報:曇り時々雪、最低−8度、最高−4度


函館は、今日も厳しい寒さが続きます。



1)地域主権戦略
地域主権関連政策の実現に向け、
様々な準備が進んでいます。

昨日、上田埼玉県知事の提案に基づき、
有識者の懇談会を開催しています。

この懇談会は、非公式な場であり、
何かを決める場ではなく、
自由に意見を交わすために、
上田知事から開催提案があったものです。

昨日も、それぞれの参加者が、
思い思いの意見を述べました。

橋下大阪府知事からは、
地方政府基本法に関する考え方について、
各般に及ぶ資料が参考として配布されています。

====

また今後開催される地域主権戦略会議に向けて、
論点などを整理するための、
具体的作業を早急に開始する予定です。

暖気運転から慣らし運転、
そして徐々に本格運転に突入します。

====

この会議に限らず、マスコミの皆さんは、
あらゆることに対し、十分に固まってもいないものを、
あたかも決まったことであるかのように、
決め打ちをして報道する性癖があります。

後日、その修正に走り回ることも多く、
いらぬ労力を強いられることも多々あります。

まだ決まっていないと本当のことを話しても、
ほとんどの場面で、
そうしたニュアンスが伝わらない記事になります。

もっとフリーハンドが欲しいと思う、この頃です。



2)副大臣会議
昨朝、官邸で副大臣会議が行われています。

すでに報道発表されている
副大臣や政務官などをを増員する法案などについて
説明が行われています。

この法律が施行されますと、
さらに内閣の機能強化が図られます。


3)埼玉大学
昨夕、埼玉大学で、
地域主権について講義をしています。

民主党分権調査会の基本的考え方や
鳩山政権の地域主権政策について話をしています。

夕方から夜にかけての講義にも関わらず、
大勢の学生さんが熱心に話を聞いてくれました。

また冒頭には、
なぜ中央集権ではダメかとの問いかけに対して、
極めて的確に答えた学生がおり、頼もしく感じました。

講義の最後には彼から、
Twitterについての質問がありました。

何と彼は私のフォロワーとのことでした。

講義後の質問も多々あったようですが、
次の授業の関係もあり、
途中で打ち切らざるを得ず、なんとも残念でした。


地域主権に対する基礎知識の少ない若い学生さんには
一回の授業ではエッセンスしか伝えられません。

あれほど熱心に聴いていただけるなら、
もっと回数を確保して、しっかりと講義したいですね。



昨日も、永田町、霞が関を走り回っていますが、
今日も朝から官邸で、
政務官会議など予定が目白押しです。

長い一日になりそうです。

そして今日は新月。

PCのトラブルなどに注意しなければなりません。


さあ、今日もしっかりと前進します。

=============
  2010・1・15 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




2 Responses to 1月15日 その1090『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください