1月17日 その1091『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2010.01.17



ここ数日、函館市内は低温、
そして雪が降り続いていました。

しかし、今日は、
青空の広がる明るい朝を迎えています。

週末も東京と地元を行ったり来たりしながら、
色々な用務をこなしています。



1)驚き
一昨夜、同僚の石川議員が逮捕され、
大変、驚いています。

15日の夜7時過ぎから、私の携帯が頻繁に鳴ります。

マスコミ各社から、逮捕されるらしいとの情報です。

その情報を聞いて、
収支報告書の虚偽記載だけで逮捕するはずはない
と思ったのですが、現実には逮捕されました。

極めて驚きました。

====

今後、どのような方向に捜査が進むのか見守るしかありませんが、
最近は、検察の動きは全て正義のように報道されることに危惧を覚えています。

過去の例を見ても、検察の主張が全て正しかった訳ではありません。

それにも関らず、逮捕されると、
即、犯罪者であるかのような印象を与える報道が多いことが心配です。

====

またなぜこの党大会直前の時期なのかも気にかかります。

もちろん偶然なのかも知れませんが、
不可解な印象を拭い去ることはできません。

また政治資金の問題について、
世論調査などでは、説明が不十分との声が多々あります。

元秘書が逮捕され、その声が高まる可能性があります。

今後は、こうした声にどう答えるかがポイントになります。

====

また鳩山総理は、法的にやましいことは何もないという
幹事長を信ずると話しておられます。

幹事長の任命権者である
総理の意思がまず重視されるのは当然です。


我々は国民の生活が第一と訴えています。

18日から始まる通常国会では、
21年度2次補正予算、
さらに来年度予算を成立させることが至上命題です。

この成立が遅れることがあれば、
国民生活や経済に大きな影響が及びます。

こうした状況もにらみ合わせながら、
今後は、臨機応変な判断に対して、
時期を逸することのないよう手抜かりがなく
備えることも必要です。



2)水産連合協議会
15日(金)夕方、函館市内で
水産連合協議会の新春交礼会が開催され、
それに先だって参加者の皆さんに、
一時間程度の講演をしています。

質疑の冒頭で、
「水産関係の我々は、
一年前、間違いなく民主党支持ではなかったが、今は違う」
などの話が出るほど、
以前は、水産関係者と民主党は
それほど深いつながりはありませんでした。

そこで講演では、
自己紹介を含め私の政治に対する思いなどを話しています。

講演終了後には、次のような質問がありました。

・ 最低賃金千円は厳しいが実施するのか
・ 安い輸入海産物に関税をかけられないか
・ 学校の耐震化を促進すべきだ
・ 22年度予算案に満足しているか

====

講演終了後、交礼会懇親会が開催されましたが、
最終便で上京するため、
乾杯まで出席して中座させて頂きました。

申し訳なく思いましたが、
今後、別途意見交換会を実施することを
約束して会場をあとにしています。


3)党大会
昨日は、都内で党大会が行われました。

そのため、一昨夜の最終便で上京するため、
水産連合協議会の新春交礼会を中座して、
函館空港に向かいました。

ところが、激しい雪による滑走路閉鎖のため、
この最終便は欠航となり、
結局、一昨夜は函館泊となっています。

本当は、党大会の前に、
官邸などでちょっとやりたい仕事があったのですが、
それを諦めて、昨日の朝、都内入りしています。

====

党大会は日比谷公会堂での開催です。

会場周辺は、各種団体のたくさんの街頭宣伝車などで埋めつくされ、
騒然とした雰囲気が漂っていました。

与党になったことなどもあり、
相当に騒がしい中で、
厳しい警備もしかれていました。


党大会の様子は、党のHPに詳しく掲載されています。

http://www.dpj.or.jp/index.html



4)薬剤師会交礼会
昨夜、函館市内で、
函館市薬剤師会の新年交礼会が開催されています。

北海道薬剤師会の東洋会長、
札幌薬剤師会の三浦会長、
医師会、歯科医師会の代表の方々をはじめ、
多くの来賓が招かれています。

木下薬剤師会会長からは、
新型インフルエンザワクチン接種対象の医療従事者に
薬剤師が含まれなかったことを例にして、
薬剤師の役割の重要性の話などがありました。

交礼会では、
出席された多くの皆さんと意見交換をしましたが、
公立未来大学への医学部の設置を期待する声や
歯科疾患の改善や口腔衛生の保持が、健康な体をつくることなど
多様な話を伺うことができました。




今日は、函館市内、八雲町内で新年行事に出席し、
その後、せたな町で私の新春の集いがあります。

さあ、今日もしっかりと前進します。

=============
  2010・1・17 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください