1月18日 その1092『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2010.01.18



この週末も、都内での党大会を除き、
地元を走り回っていました。

函館は、例年にない大雪と低温が続いています。

しかし、渡島半島を北に向かうと、
雪の多い函館が、
南国であるかの印象を受けかねないほど状況が一変します。

雪が多いといっても函館では、
道路がすぐに茶色になります。

昨日訪問した、せたな町北桧山では、
一メートル近い積雪があり、
まさに一面が銀世界です。

そんな雪の多い地域に行くと、
私の育ちのせいか、
函館にいる場合に感ずることのない感覚がうずうずとします。

深い雪を見ると何か血が騒ぐのでしょうね。

====

週末の地元回りを終えて、
昨夜、都内入りし、今日からは通常国会です。


都内の天候:晴れ:予想最低2度:最高10度
函館の天候:曇り:予想最低−7度:最高0度

東京の最高気温は久々の二桁になる予想、
函館も久々にマイナスを脱却できるかもしれません。



1)新年行事
昨日は、函館市内の町会と、
八雲町内の共同作業所の
新年交礼会にお邪魔しています。

昨日参加した市内の町会は、
新しい町会ですが、
実に熱心に地域活動をされています。

夏祭り、忘年会、新年会、
さらには日常の青少年活動なども活発です。

お聞きしますと、こうした活動が、
地域を、さらに市全体を元気にする基であることを強く認識して
力を入れているとのことです。

昨今、とかくこうした町会活動が
形骸化する風潮の中にあって、実に素晴らしいことです。

====

八雲の共同作業所の所長さんには、
私がニセコ時代から
色々と気にかけて頂いておりました。

選挙区が8区に変わってから、
特に縁が深まり、作業所の節目の会合には、
なるべくお邪魔しています。

昨日も歌あり、踊りありの楽しい会合でした。

====

しかし、13時からせたな町で、
私の新春の集いが開催されるため、
いずれも短時間の滞在で会場を後にせざるをえず、
後ろ髪をひかれる思いで、せたな町に移動しています。


2)新春の集い
昨日午後、せたな町で、本年4か所目となる
私の新春の集いを開催しています。

色々と忙しい中ですが、
町長さん、議長さんをはじめ、
農業、漁業関係者、郵政関係者など、
広い分野から大勢の方々にご参加頂きました。

私は、遅れての参加となりましたが、
参加者した多くの皆さんから、
地域の課題を聞かせて頂くと同時に、
数通の要望書も頂きました。

従来からの支持者の皆さんも、
新しく支持を頂ける皆さんからも、
与党としての役割を強く期待されています。


参加された皆さんに、
心から感謝申し上げます。

新春の集いは、まだまだ続きます。



3)通常国会
さあいよいよ今日から、
150日間の通常国会が開会します。

政権交代後、初の通常国会です。

この国会が鳩山政権の真価を発揮する場です。

国会冒頭では、補正予算、新年度予算を確実に
成立させなければなりません。

また国会を活性化させるための法案や、
予算や税にからむ日切れ法案もたくさんあります。

非常にタイトな日程の中での国会運営となりますが、
政府と与党が密接に連絡を取り合って、
万全の対応をしなければなりません。

====

また私の受け持ちとしては、

・ 自治法の改正
・ 国と地方協議の場の法制化
・ 地域主権戦略会議の設置と義務付け枠づけの見直し、

これら3本の法案を中心に、
国会議論が進むことになります。

いずれも重要な法案です。

特に国と地方の協議が法制化され、
定例的に開催されるようになれば、
日本の行政は大きく変わる可能性があり、
多くの関係者の皆さんの期待も高まっています。

====

150日間の国会が終われば、
暑い夏の参議院選挙が待っています。

気力、体力を充実させて通常国会に立ち向かいます。


4)阪神淡路大震災
1995年1月17日午前5時46分52秒、
つまり15年前の昨朝、
阪神淡路大震災が発生しています。

その記憶は鮮明です。

発生直後は、あまり様子が分かりませんでしたが、
時間の経過とともに被害の模様が伝えられ、
どんどんと被害が拡大してゆきました。

最終的には、6千名を超える方々が亡くなり、
25万戸近い建物が全半壊しています。

今、改めて亡くなられた方々に哀悼の意を表するととにも、
被害にあわれた皆さんにお見舞いを申し上げます。

====

あのとき、ニセコ町には、
神戸からの修学旅行生が宿泊していました。

自宅との連絡に便宜を図ったり、
予定を変更してニセコ滞在を長くしたりなどの対応をしました。

また町を離れる際には、
生徒さんにペットボトルの水を持たせましたが、
たぶん彼らは最初、その意味が分からなかったと思います。

地元に戻ってから、その水がずいぶんと役立ったと聞きました。

====

被災地は、表面上、完全に復興したように見えます。

しかし、本当のところは、
心の問題を含め、
まだまだなのだと思います。

あの震災の際、
物質的な豊かさだけでは、
私たちの安心は得られないことを学ぶことができました。

それにも関らず、
今の私たちは、
相変わらず物欲中心の活動をしてはいないのかと、
あの震災から15年目の節目を迎えた今、
再度、考えてみる必要があります。

物質的に恵まれることは大事なことですが、
もっと大事なものは何かを考えて、
頑張らなければなりません。



さあ、今日もしっかりと前進します。

=============
  2010・1・18 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




3 Responses to 1月18日 その1092『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください