檜山漁業協同組合等すけとうだら漁業関係者による要望行動

掲載日:2010.12.23

 12月22日(水) 寺島光一郎乙部町長、ひやま漁業協同組合阿部一代表理事副組合長ほか、檜山海域のすけとうだら関係の方々が要望のため上京されました。
 要望内容は、すけとうだらの産卵場を守り、資源の回復・増大のために休漁する漁業者への資源管理・所得補償の確立です。
 私も農林水産省まで同行し、一緒に地域の実情を訴えさせていただきました。