1月29日 その1102『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2010.01.29



夜明け前の空は、雲がなく爽やかさを感じます。

地平線付近から明るくなってくる様を見ていると
何か神々しさを感じます。



1)国と地方の協議の場
昨日、官邸で、
国と協議の場を法制化するための
実務者協議が行われました。

協議対象案件、分科会、
総理の位置づけなど、
いくつか地方側と考え方の違いがありますが、
昨日の協議で、その先が見えてきた感じがします。

今後、最終案作りに向けて、
さらに地方側との協議が進みます。

====

一昨日の新しい公共円卓会議は、
時代の変化を感じさせるものでした。

昨夜のこの法案化の作業は、
完全に時代が変わったことを感じます。

既に国と地方が、
ともに協議しながら法律づくりをしています。

このようなことは以前では
考えられないことだったと思います。

====

この協議の場をうまく活用すれば、
日本の民主主義が大きく進化する、
その原動力になります。


2)サリンジャー
『ライ麦畑で捕まえて』の作者サリンジャーが
亡くなったとのニュースが入りました。

91歳、死因は老衰とのことです。

サリンジャーは学生時代に良く読みました。

サリンジャーの死去、
この点も、何か時代の変化を感じます。

合掌。




さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
  2010・1・29 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください