3月1日 その1123『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2010.03.01



今日から3月です。

新しい週の始まり。


1)チリ
一昨日、チリで大きな地震が発生し、
甚大な被害が発生しています。

これに対応するため、
発生後から官邸や総務大臣とも連絡をとり、
漏れの無い対応をするため調整をしています。


====

また地元の北斗市では、
昨日、市長選挙の投票が行われました。

津波からの避難対象区域内に、
投票所がある選挙区について、
投票をどう扱うべきか等の相談をうけ、
早速、公職選挙法の担当である、
総務省と調整を行っています。


2)調整に
先週金曜日は、
予算員会質疑に関し、
早朝から大臣らとの打ち合わせを皮切りに、
終日、各種の調整に時間を割いています。

特に今国会に提案を予定している、
地域主権関連2法案と
次の地域主権戦略会議の内容などについて、
関係者を回って説明を行っています。

この世界は、こうした事前の調整が
極めて大事なものとなっています。

今日も、この調整に走り回る予定です。



3)小樽&ニセコ
一昨日、二つの講演を行っています。

一つは民主党北海道第4区総支部から要請を受け、
小樽市での勉強会で地域主権改革ついて話をしています。

勉強会の後、参加者の皆さんと
昼食を食べながら意見交換をしました。

・子ども手当
・戸別所得補償
・経済見通しと成長戦略

以上の点について、様々な意見が出されましたが、
制度の本質が理解されていない、
あるいは伝わっていないことを痛感しました。

やはり既存の報道から伝わる内容は限定的であり
政策の本質が必ずしも伝わるものではありません。

参加者の皆さんからも、
「民主党もマスコミを持たなきゃダメだ」と言われるほど、
情報不足なのです。

もちろん党がマスコミを持つことにはなりませんの、
政策をどう伝えるか、さらなる工夫が必要です。

====

二つ目は、
ニセコの有志の皆さんに招かれての講演です。

久しぶりに訪問するニセコは、
2月下旬だというのに
道の両脇にはうず高い雪の山があります。

私の家の屋根にも1メートル近い雪が乗っています。

====

今回の講演は、私が担当する
地域主権、地域活性化、地方行政の
最新情報などを話して欲しいとの依頼を受けてのものです。

会場の町民センターには、
土曜の夕刻だというのに、
札幌や日高など町外からの参加者も含め
200人近い人が集まってくださいました。

また宮谷内後志町村会会長をはじめ、
管内の町村長さん、議長さん、
さらにJA関係幹部の皆さんなどにもおこし頂きました。

大きく4つの柱に沿って、
1時間15分ほど話をしています。

・市場、政府、コミュニティのバランス
・民主党の地域に対する考え方
・地域主権戦略(原口プラン)の進め方
・地域をどう捉えるか

多少専門的な内容も含む講演でしたが、
参加者の皆さんには熱心に耳を傾けて頂き、
話し甲斐のあるものとなりました。

====

講演会終了後、
参加者の皆さんと交流会を開催しています。

交流会には、
ニセコ産酒造米による日本酒、
ニセコ地ビールに加え、
ニセコの地場食材を活用した料理するグループ
「じゅうごばあ」の手作り料理もたくさん提供され、
それはそれは華やかなものでした。

私も久しぶりにニセコビールを片手に、
「じゅうごばあ」の料理を堪能しました。

「じゅうごばあ」の始まりは、
私の町長時代に遡ります。

数名の女性が町長室を訪問され、

「地場食材を最大限活用した
 ニセコならではの料理を提供したいから何かできないか」

との申し出を受け、活動がスタートしています。

あれから10年近くが経過し、
その活動がさらにしっかりとしているのを目の当たりにし、
なんとも頼もしく誇らしい気持ちになりました。

「じゅうごばあ」のみなさんの今後の夢は、
綺羅街道沿いに自分たちの店を持つことだと言います。

その夢を是非とも実現させて欲しいと思います。

====

交流会では、一人の方と話し込む時間が、
ついつい長くなってしまいます。

もっと多くの方々と話をしたかったのですが、
残念に思います。

会場には、
私と初めて会う方々も多くおりましたし、
私が町長選挙に初めて挑戦した
1994年当時からの支持者の皆さんにも大勢おこし頂きました。

選挙区が変わったにも関わらず、
こんなにたくさんの方々に
お越しいただけたことに心から感謝しています。

====

今回の講演会を企画し、
主催された皆さんに心から感謝申し上げます。

一部新聞では、
今回の開催意図を曲解した報道もありましたが、
昨夜の雰囲気を見ていれば、
それがまさに誤解だと気づいてくださると思います。

====

ニセコは、私が40年以上もかかわった私の故郷です。

一昨日は、まだまだ寒さの厳しい冬の夜でしたが、
故郷ニセコの暖かさに包まれて、
心安らかな時間となりました。

多くの関係者、参加者の皆さんに、
心からお礼申し上げます。




さあ、今日もしっかりと前進します。

=============
   2010・3・1 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



One Response to 3月1日 その1123『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください